スポンサードリンク

アルザス・ブルゴーニュー地方を選んだ理由

 実は今回のフランス旅行は美しい村を見に行きたいと思ったのですが、7月から8月の花や緑が綺麗なサマーシーズンにはそういったツアーを見つけることが出来ませんでした。

 

 我が家の旅行予定は7月の末出発なのですが、2月に探した時には出発確定は南フランスを周るツアーしかありませんでした。

 

 そのためカルカッソンヌ、コンク、サン・シル・ラポピー、リクヴィルなどのどこかに行けるツアーを探していましたら、阪神フレンドツアーで募集人員が集まっていない状態でも催行となっていたツアーを見つけたのです。

 

 そのツアーではリクヴィルにも行きますし、ストラスブールやコルマールも行くではありませんか。

 

 ドイツとの国境近くの町は木組みの町並みと花が綺麗というイメージがありますので、綺麗な町並みが楽しめると思いました。

 

 更にこの地方は夏でもそれほど暑くないので、夏のフランスツアーでの行き先としてはお勧めではないでしょうか。

ワインとシャンパン三昧

 アルザス地方は辛口の白ワインの産地ですし、シャンパーニュ地方はもちろんドンペリの故郷でシャンパンの産地ですし、ブルゴーニュー地方はブルゴーニュワインの故郷です。

 

 そのためツアーではワインの試飲が3回もあります。

 

 ワインの産地コート・ドール(黄金の丘)も行きますのでワイン好きにはたまらないツアーなのです。

 

 もちろんフランスまでのエールフランス機内でも、エコノミーでもシャンパンが飲めるというのもさすがワインの国のエアラインと思いました。

 

フレンチが毎日楽しめます

 フレンチ好きの我が家にとって、フランス旅行は夢のようなツアーです。

 

 美食の街のリヨンではポールボキューズのブラッセリーに行きますし、ブルゴーニュではエスカルゴ、アルザスではフォアグラ、ランスでは一つ星のル・ミレネールでの食事となっています。

 

 この他にもザワークラウトやキッシュ・ロレーヌも楽しめますので、食事も楽しめるツアーだと思います。

エールフランスは機内食が美味しいらしい

 世界のエアラインで機内食が美味しいランキングでエールフランスは第3位だったと思います。

 

 日系エアラインを使うツアーで快適な移動ということも考えたのですが、やはり成田からエアラインに乗った瞬間からフランスを感じたいと思いましたので、今回はエールフランスにしました。

 

 エアバスA380で快適な移動を体験してみたいと感じました。

ヨーロッパ旅行はフランスのアルザス・ブルゴーニュ地方でワイン三昧記事一覧

 阪急トラピクスのヨーロッパツアーはリーズナブルな価格で盛りだくさんの内容となっているため、素人調査隊も利用していたのですが、食事だけがもう少し豪華だと良いなと感じていました。 そのため今回は同じ系列である阪神航空フレンドツアーに申し込んでみました。 ツアーの価格はトラピクスと比べますと高くなるのですが、パンフレットに書かれていますレストランでの食事内容が良さそうですからとても期待したのです。 ヨ...

素人調査隊が最初にフランスに行ったのは今から30年以上も前でした。 その当時は、フランスは観光立国ではなかったころから、フランス語が話せない観光客にとっては楽しむには手ごわいといったイメージでした。 当時はパリやロワール地方の観光だったのですが、英語での対応はなかなかしてもらえなかったイメージが強かったのです。 ところが今回のアルザス・ブルゴーニュ地方の観光は田舎ということもあってか、とてもフラン...

リヨンの気候は温帯で夏はそれほど暑くなく、冬もそれほど寒くない気温で、年中同じ程度の降水がある気候の西岸海洋性気候と、気温の年較差が大きく、夏は多雨で冬は乾燥する温暖湿潤気候との境界線にあることから、そのどちらの気候も表れます。 またローヌアルプス地方の高地の天候の影響をも受けのです。 リヨンは内陸部にあるため他の都市より冬の気温が低いのですが、全体としてはそれほど寒くありません。 春と秋はかなり...

ブルゴーニュでブドウ栽培地帯の中心地にあるディジョンの気候は、地中海や大西洋から離れた位置にあることから年間を通して気温は低めの大陸性気候と言えるのではないでしょうか。 標高は240mですから、高原といえる地形となっています。 はっきりとした四季がありますので、花や新緑のあふれる春とブドウの収穫で活気づく秋が旅行のベストシーズンといえるのではないでしょうか。 短い夏も少々涼しいのですが、たまに熱波...

 今回の海外旅行はフランスのアルザス地方に行きたいと思い、セントレア発のツアーを探したのですが、見つけることが出来ませんでした。 それならば成田発でセントレアからの乗り継ぎ便の手配もできるツアーを探したところ、阪神航空フレンドツアーの麗しのフランス アルザス・ブルゴーニュ10日間というのが気に入りましたので7月出発ですが、2月時点で催行となっていたことから申し込みました。 もちろん申込時にセントレ...

ストラスブールは内陸性気候ですが、地形が盆地ですから夏は30度を越えて暑くなることもありますし、冬は寒さが厳しいのです。 降水量は内陸性気候のおかげで年間を通して少ないのですが、5月から9月にかけては雨が降る日が多いのです。 ストラスブールの夏は6月、7月で8月の後半にはすでに秋を感じ始めます。 雨の日が少ないのは春と秋で、この時期が観光のベストシーズンでしょうか。 冬はクリスマスの観光客でハイシ...

フランス東部ロレーヌ地方の中心都市ナンシーの気候は、大陸性気候または大陸性気候の影響を受けた海洋性気候と言われています。 大陸性気候の特徴としては降水量が少ないということがあり、ナンシーも乾燥していて過ごしやすいのです。 それでもナンシーは夏は暑い日もあり、秋には霧の発生も多くあります。 冬は乾燥していることから気温が低く、日照時間も短いことから寒さが厳しいといえます。 そのことからナンシーの旅行...

 阪神航空フレンドツアーでフランス旅行44日前に添乗する予定と言われる方から確認の電話がありました。 催行が確定しているツアーですが、参加するかどうかの最終確認のようです。 7月のツアーのキャンセルは40日前まででしたら無料でできますので、二股をかけている方もいらっしゃるでしょうから、本当に行くかどうかの確認電話だったようです。 阪急トラピクスでのヨーロッパ旅行の時には旅行直前に添乗員の方からのあ...

 成田からエールフランスでパリまでの便利用の今回のツアーで、中部空港発着の国内線手配が未定となっていました。 メール問い合わせでは航空会社からの手配回答が出発の35日前を予定しているとの回答をもらっていました。 今回の旅行出発日が7月25日ですから、決定のメールを頂いたのが6月19日ですから、まったく予定通りとなりました。 セントレアから成田出発の海外旅行に参加する場合で、国内線は別途申し込みとい...

旅行催行3ヶ月前に阪急交通社から海外旅行保険ご加入のおすすめというメールが来ました。 海外旅行総合保険を申込できるのは出発の15日前までとなるそうです。 今回送られてきた海外旅行保険の内容は次のようになっていました。傷害死亡6,000万円8,000万円10,000万円傷害後遺障害6,000万円8,000万円10,000万円治療・救援費用無制限無制限無制限応急治療・救援費用300万円300万円300...

 ヨーロッパまでは12時間ほどの飛行機の搭乗時間となりますし、今回のフランス旅行はまずセントレアから成田まで1時間10分、成田からパリまで12時間25分、パリからリオンまで1時間20分ほどですから機内にいる時間は14時間ほどとなります。 この長い時間をシートで快適に寝るためのグッズとして、変形するビーズまくらを購入しました。 飛行機のシートの頭の部分を固定して寝るために枕ももちろん用意されています...

 以前のヨーロッパ旅行で、私たちは機内持ち込み手荷物で着替えなどをまったく持って行かなかった時に、添乗員の方からヨーロッパで乗り継ぎのあるツアーではスーツケースがロストすることがあるので注意した方が良いと言われました。 確かに添乗員の方は着替えが入っているであろう、機内持ち込みができる最大のキャリングバックを持っていました。 その時の添乗員の話ではヨーロッパでロストが多い空港としてはイギリスのヒー...

 フランスの電圧は220Vで周波数は50ヘルツとなっています。 そのため日本で通用しようしているドライヤーは100Vですから使えません。 変圧器を購入する方法もあるのですが、我が家のドライヤーは1200Wですから、このドライヤーが使える変圧器をネットで探しましたが、価格が5000円ほどしていました。 これであればドライヤーを購入したほうが良いのではと思いました。 海外旅行ではデジカメやスマホの充電...

 ランス(Reims)はフランス北部のアルデンヌ地域にあります。 気候は大陸性気候と言われていますが、海洋性気候の影響も受けています。 大陸性気候は降水量が少ないので乾燥していて過ごしやすいのですが、8月は雨が多いようです。 夏は暑い日もあり冬は寒いことから、観光は春と秋が良いのではないでしょうか。

 今回のフランス旅行ではリヨンに2泊し、フリータイムもありますのでお土産を探そうと思い、リヨンのお土産を調べてみました。リヨンは美食の町とのことで、お菓子もいろいろあるようです。 生クリームをブリオッシュにのせて焼いたシンプルなお菓子のガレット・ブレッサンヌ、オレンジフラワーウォーターで香り付けした揚げドーナッツのようなビューニュ、日本でも人気となっているセバスチャン・ブイエのマカリヨンなどです。...

 成田発の海外旅行に参加するために、セントレアから成田までの航空機の手配を依頼しました。 セントレアから成田までは国内線で、成田からは国際線になりますので、乗り継ぎなどは心配したのですが、実際はとても簡単でした。 セントレアのツアーカウンターに行きましたら成田で機内荷物を受け取ってまた成田からのチェックインカウンターに行くこともできますし、セントレアから最終の空港まで送ることも出来るとのことでした...

 成田空港に国際線で午前9時30分頃到着して、国内線乗り継ぎが午後5時頃の便でしたので、空港内で7時間ほどを過ごすこととなりました。 機内でも成田到着までは寝ることもできましたが、時差の関係と旅行疲れのため、横になって休憩できるところは無いだろうかと探しました。 成田空港近くのホテルのデイユースは、当日は空きが無かったので利用出来ませんでした。 空港内の仮眠室は出国手続き後のエリアのため利用が出来...

 今回のフランス旅行は成田からパリのエールフランスを利用したのですが、往復で10万円ほどのプラスでプレミアムエコノミー席利用が可能となっていました。 もちろん理想はビジネスクラスなのですが、予算的に厳しかったのでプレミアムエコノミーに落ち着きました。 今まではがんばって12時間ほど搭乗するヨーロッパ線でもエコノミーに乗っていたのですが、素人調査隊も年齢がゆえに長時間はとても辛いと感じてしまうように...

 フランスのアルザス旅行で利用したのがヒルトンリヨンです。 後から考えれば部屋の広さと設備の良さから一番良いホテルでした。 場所はリヨンの中心街から離れた場所でしたが、タクシーを利用すればベルクール広場から12ユーロでホテルまで戻ることができます。 ホテルに付随していろいろな設備やレストランなどがありましたが、私たちが利用した時はバケーションシーズンで閉まっているお店が多かったのです。 ホテルレス...

 阪神航空フレンドツアーで3泊目に宿泊したのが、ディジョンのホリデイインでした。 ホテルの周りには面白そうな場所は何もないので、朝起きても散歩するところもありませんでした。 ホテルの前にトラムウェイの駅がありますので、トラムを眺めるには良い場所です。 このホテルは中国人の団体旅行者の方の宿泊が多いようで、部屋には中国語による宿泊の注意書きがかかれていました。 もちろんホテルロビーやエレベーターでも...

 阪神航空のツアーで7日目のホテルはホリデイインランスです。 今回のツアーでホリデイインの利用は2回目となります。 格安なスタンダードホテルで、設備はそれなりに整っているので良いのですが、部屋自体はあまり広くありません。 1泊だけですから良いのですが、部屋で2つスーツケースを開けるのにはちょっと工夫がいります。 トイレやバスルームはリニューアルされていたのか綺麗でした。 ヘヤードライヤーもあります...

 今回のパリの滞在ではハイアットリージェンシー パリエトワールホテルを利用しました。 実は今から32年も前のコンコルドラファイエット時代にも、このホテルに宿泊していました。 当時はまだ周りは静かな雰囲気で、朝早くに起きてブローニューの森を散歩したという記憶が残っています。 パリ コンコルドラファイエットは1974年オープンですから、当時は部屋などまだまだ綺麗だったはずです。 なによりもその眺望の良...

 阪神航空のフレンドツアーで、ナンシーで宿泊したホテルがパークインバイラディソンナンシーです。 ロビーもそれほど広くなく、豪華さもなく、駅が近いことからビジネス客の利用が多いホテルのようで、朝のチェックアウトはビジネスマンのチェックアウトで混んでいました。 そのためホテルもヨーロッパのホテルの雰囲気というよりも利用のしやすいビジネスホテルといった雰囲気となっています。 場所的には夜にプロジェクトマ...

 ストラスブールではメゾン ルージュに2泊して観光をしましたが、その時に感じたのは観光にはとても良い立地のホテルだと思いました。 プチパリや大聖堂までも歩いても近いですし、ホテルの周りにはお店がたくさんあります。 また、食事をレストランではなく、ホテルの部屋で簡単に済ませたいという時に便利なスーパーや惣菜店も近くにあります。 ストラスブール長期滞在の旅というツアーの方の宿泊ホテルにもなっていたのは...

 私たちがエールフランスでパリのシャルルドゴール空港に到着した時は、空港は中国人の団体でごったがえしていました。 これでは空港の免税店のブランド店も中国人で混雑しているかなと思ったのですが、ターミナル2のMへいった時には意外と空いていましたし、中国人の団体はまったくいませんでした。 そのため空港内のブランドショップではギャラリーラファイエットとは違いゆっくりショッピングすることができました。

 今回のフランス旅行は最終のパリでフリーの時間があり、オペラ座近くのお店でランチを楽しみました。 その後ギャラリーラファイエットに行ってブランドショッピングを楽しむ予定でしたが、シャネルだけは本店に行ってショッピングをすることになりました。 じつはこれが大正解で、ギャラリーラファイエットに行きますと中国の方の団体旅行の方があふれかえっていまして、各ブランドショップは入場制限をするほどの状態となって...

 セントレアからのヨーロッパ旅行が多い素人調査隊は、最近は阪急トラピクスの利用が多くなっていました。 トラピクスを利用していた理由はセントレアからの出発で我が家が行きたい方面のツアーがリーズナブルな価格で設定されていたからです。 以前我が家はグローバルユースビューローの利用をメインとしていましたが、成田発着よりもセントレアの方が良いと思ったからです。 そんな素人調査隊ですが、今回のヨーロッパ旅行は...

 ストラスブールの午後はフリータイムとなっていましたので、遊覧船に乗ることにしました。 当日は昼食もツアーには付いていませんでしたが、添乗員の方とストラスブールの現地ガイドの方のエスコートで美味しい昼食と、その後のイル川の遊覧船の乗車も手配して頂きました。 さすが阪神フレンドツアーということを実感しました。 当日は残念ながら雨となってしまいましたので、屋根付きのクルーズ船に乗りました。 天気が良け...

 2日目の予定は世界遺産リヨン歴史地区、フルヴィエールの丘、ノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂、旧市街と有名シェフ御用達のポールボギューズ市場の散策となっています。 まずホテルからバスに乗り、フルヴィエールの丘に向かいます。 丘からリヨン市内の眺望を楽しみましたらトイレに行き、ノートルダム・ド・フルヴィエールバジリカ聖堂の中に入っていきます。 トイレのすぐ横にはお土産店がありましたので、...

 阪神航空フレンドツアーの麗しのフランス アルザス・ブルゴーニュ10日間のツアーで3日目は朝からバスに乗り込みリヨンよりボーヌへ向かいます。 距離は156キロとのことで、2時間ほどバスに乗りました。 昨日の夜はゆっくり寝たつもりでしたが、バスでの移動中は寝てしまいましたので、あまり記憶がありません。 ボーヌの近くのサービスエリアでトイレ休憩となりましたが、ボーヌのお祭りの際はとても多くの方が来ると...

 ボーヌで昼食後にバスに乗りディジョンまでブドウ畑が広がるコート・ドールのドライブでディジョンに向かいます。 距離は50キロほどですから1時間30分ほどのバス乗車となります。 ナポレオン・ボナパルトがとても好きだったというジュヴレ・シャンベルタン村の特級畑に格付けされている「ル・シャンベルタン」畑の横にバスは停車してくれましたので、このぶどうから美味しいワインができる・・・と思いつつ見学しました。

 コルマールへ向かう高速道路の途中のサービスエリアで、1998年のF1チーム、プロスト・グランプリ (Prost Grand Prix) のルノーエンジンを搭載したマシン、AP01が展示されていました。 APは、アラン・プロストのイニシャル「Alain Prost」から取られているモデルですが、ぱっとした活躍はしなかったモデルです。 BSのF1用タイヤが懐かしさを感じました。 売店にはお土産からお...

 コルマールからバスに乗り14キロ、30分でリクビルに到着です。 リクビルの町外れの駐車場にバスを停車したのですが、バス停にはコウノトリがお迎えしてくれました。 人間を怖がりませんので、餌付けされているのでしょうか。 天気は下り坂ですがまだ雨は降っていません。 まずはアルザスワインのお店に行きましてワインの試飲を行います。 こちらのお店は有名なアルザスワインのワイナリー「DOPFF&IRION」で...

 阪神航空のフレンドツアーのナンシー観光の時のランチに利用したのがブラッセリー・エクセルシオール・フロです。 レストラン内の雰囲気はアールヌーボーで、ヨーロッパ旅行はこういったレストランでしたいものですと言えるような素敵な雰囲気でした。 ここでキッシュロレーヌを食べたのですが、このレストランはシーフードが得意のレストランのようで、生牡蠣などを食べている人もいるし、シーフードとシャンパンなどと豪勢な...

 今回のフランス旅行はプレミアムエコノミーでの搭乗としていたのですが、帰路の便が幸運にもビジネスクラスにアップグレードされました。 プレミアムエコノミーのシートが広いのですが腰などの部分がフィットしないことからあまり座り心地が良くないと感じていたので、ビジネスクラスのシートはとても良く感じました。 シートがフルフラットになることから、食事の時間以外はほとんどゆっくりと寝ることができました。 今回の...

 パリのギャラリーラファイエットでショッピングしたので免税手続きを行いました。 ギャラリーラファイエット内で購入した時のレシートとパスポートを持って地下一階にありますジャパニーズカスタマーサービスまで行きます。 サービスディスク前にはスタッフの方がいますので、そのスタッフの指示に従いカウンターが空くまで長いすに座って待ちます。 ジャパニーズカスタマーサービスは日本人か英語対応の方しか応対しないので...

 阪神航空のツアーでランスに宿泊した際にディナーで案内されたレストランがル・ミレネールです。 ツアー出発時にはル・ミレネールかメゾン・デュ・ヴィネロンということでしたが、最終的にはル・ミレネールとなりました。 ル・ミレネールの情報はほとんどネットには出ていないので、今回のメニューの様子が参考になればと思います。 このお店のサイトは日本語対応となっていますので、料理やお店の雰囲気を知るために見ておく...

 阪神航空フレンドツアーでリヨン観光の時のランチにポールボキューズのブラッスリーに行きました。 リヨンにはポールボキューズのブラッスリーが4箇所あるのですが、どのお店に行くのかは知りませんでした。 午前中の観光は旧市街観光後ポールボキューズ市場を見てバスでレストラン近くまで移動です。 バスはベルクール広場に停車してローヌ川沿いまで歩いて行ったのは南のル・スュッドでした。 天気が良いのでテラス席が人...

 阪神航空フレンドツアーでランス観光で利用したのがフレンチレストランのル・サン・ジュリアンでした。 朝にナンシーのホテルを出発してランスまでは205キロほどですから3時間ほどとなっていました。 道も空いていたことからランチ時間には少し早い時間にレストランに到着しました。 朝からバスにしか乗っていないのでお腹はそれほど空いたという感じではありません。 お店はまだだれも客は居ない状況で貸切状態でした。...

 今日は午後が自由行動となっていましたので夕食はツアーに付いていません。 そのためどうしようかと思ったのですが、ストラスブール市内には高級惣菜を販売しているお店などがあると添乗員の方から聞きましたので、今日はそこで買ってホテルの部屋で食べることにしました。 実は阪神航空のフレンドツアーの添乗員の方はフリータイムの時のレストランは紹介してくれて、同行もしてくれるのですが、この時私たちはまだそのことを...

 リヨン観光の時にギニョールが見たいと思いましたのでどこに行けば良いのか調べました。 あまり記事がなかったのですが、リヨンではギニョールが多くのところでも見られるような記事もありましたが、実際にはあまり見ることができませんでした。 旧市街には小さなお店で展示されているところもありましたが、ギニョールを見るのでしたら博物館とguignol boutique gardelliというお店の内にありますl...

 今回のツアーではパリ泊の際の食事が付いていませんでしたので、添乗員の方に同行していただきました。 添乗員の方はコンコルドラファイエットのコンシェルジュにホテル周辺でどこのレストランが良いのか聞いてくれていたのです。 まずはホテルの方のお勧めのレストランに行ったのですが、カフェのような雰囲気でしたから、違うお店にすることにしました。 コンコルドラファイエットに勧められたのはカジュアルな雰囲気のOr...

 リヨンにありますガダーニュ博物館はリヨン歴史博物館と世界のマリオネット博物館が入った博物館です。 こちらのマリオネット博物館にフリータイムで訪れた際に屋上に素敵なガーデンとカフェがあると同行してくれた方に聞きました。 どんな素敵な場所かと興味がありましたのでエレベーターで上がりました。 訪れた時間はランチが終わった後でしたので3時頃だと思うのですが、席は満席に近かったのです。 できればここでお茶...

 本日もあまり天気が良くないのですが、ホテルから徒歩によってストラスブール市内の観光です。 まずはプティットフランスを歩きます。 天気が良ければ花も綺麗に咲いていることから写真も綺麗に撮れたと思うのですが、今にも雨が降りそうな空はグレーで残念です。 プティットフランスはそれほど広い場所ではありませんので撮影ポイントで写真を撮って楽しむだけといった観光です。木組みの家はドイツの雰囲気ですね。天気が良...

 帰国前日はパリが半日ほどフリーとなっていました。 そのため添乗員の方と地下鉄に乗りランチのためのビストロまで移動しました。 添乗員の方は8名で行くことからお店に電話をしていましたので常連のようです。 添乗員の方もこのビストロは紹介されてからお気に入りとなり利用されているようです。 お店の雰囲気は昔からあるビストロといったもので、とても落ち着いた雰囲気が良いと感じました。 ランチは前菜とメインを選...

 ランスに到着後すぐにランチとなりましたので、ランチ後にノートルダム大聖堂に向かいました。 レストラン近辺から見えていたのですが、近づくにつれてその大きな姿を現して行きます。 ノートルダム大聖堂の前には観光用のロードトレインもいました。 大聖堂の中に入りましたらスタッフの方が近寄ってきまして「すり」が大聖堂内にはいるので注意してくださいと言われました。 ランスの大聖堂は火災によりかなりの部分が崩壊...

 アルザス、ブルゴーニュ地方の旅ではワインの試飲の機会があり、飲み放題とはいかなくても、思ったよりも多くのワインを飲ませて頂いたことから、ランスでのシャンパンカーブ見学は大好きなシャンパンがたくさん飲めるかなと期待していました。 しかし試飲用のワインとは違いコストが高いと思われるシャンパンは残念ながらシャンパングラスに1杯しか頂くことができませんでした。 昼食時にシャンパンを頂きましたが、せっかく...

 ナンシーのレストランで昼食後にナンシー派美術館に行きました。 花や植物などがモチーフのアールヌーボーの作品をしっかりと見ることができました。 この美術館はエミール・ガレのパトロンであった方の屋敷を改装したとのことで、庭園の美しさも作品と思えるような建物でした。 あまり情報が少ない美術館でしたので事前になにも調べておかなかったのですが、多くのエミール・ガレの作品を見ることができて良かったと思いまし...

 コルマールにはちょっと昼食の時間には早い時間に到着したのですが、昼食後には市内の散策予定でしたのでまずは昼食のレストランに向かいます。 レストランはコルマールの観光スポットに近い場所にありますMEISTERMANNというレストランです。 お店の外観も趣きがあり、落ち着いたレストランといった感じを受けました。 私たちは早く到着しましたのでお店にはほとんどお客さんはいない状態でした。 このレストラン...

フランスの電圧は220ボルトで周波数は50ヘルツとなっています。そのためフランス旅行の際には日本の100ボルト対応の電化製品をそのまま使うことが出来ません。日本の100ボルト対応製品をフランスで使いたいのであれば変圧器が必要となります。変圧器によってコンセントからの220ボルトを100ボルトに変圧することができますので、日本の電化製品を使うことができます。変圧器も色々な種類がありますが、日本の製品...

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯