コンコルドラファイエットでも利用しました

今回のパリの滞在ではハイアットリージェンシー パリエトワールホテルを利用しました。

 

実は今から32年も前のコンコルドラファイエット時代にもこのホテルに宿泊していました。

 

当時はまだ周りは静かな雰囲気で、朝早くに起きてブローニューの森を散歩したという記憶が残っています。

 

パリ コンコルドラファイエットは1974年オープンですから当時は部屋などまだまだ綺麗だったはずです。

 

なによりもその眺望の良さの印象が強いホテルでした。

 

 

 

眺望の良さは今でもかわりませんが、施設自体はやはり古さを感じるものがあるのも事実です。

 

近くにレストランも多いのでとても便利でした。

 

パリの観光にも便利なホテルでした。

 

部屋の感想

 

ハイアットリージェンシー パリエトワールは改装されていますが基本的なことは変わっていませんので設備などは古さを隠すことは出来ません。

 

部屋の広さはどちらかと言いますと狭いほうだと思います。

 

 

 

 

 

 

しかし、ハイアットという名前があることからも、不快というレベルではまったくなく、ツアーとして使用する部屋としては普通の部屋だと思います。

 

部屋の様子やトイレ、洗面などの様子は動画を見ていただければ分かっていただけると思います。

 

 

 

 

シャワーの出も悪くなく、排水も悪くないのでバスタイムはそれなりに快適でした。

 

 

 

 

 

 

部屋からは窓に近づきますとエッフェル棟を見ることができる部屋でした。

 

 

 

パリの中心部にあるホテルですと宿泊代金も高くなるのですが、料金と立地を考えますと利用価値の高いホテルだと思います。

交通の便は良いと思いました

ホテルからショッピングアーケードを抜けますと地下鉄の駅に行くことができます。

 

1泊の滞在でしたが、昼食とギャラリーラファイエットでのショッピング、シャンゼリゼ通りの散策に出かける時の2回地下鉄を利用しましたが移動にはとても便利でした。

 

2回ともホテルに戻るにはタクシーを利用しましたが、シャンゼリゼ通りからですと10分もかからないで戻ることができましたので、タクシー利用時も便利な立地のホテルだと思いました。

ホテルの朝食ビュッフェ

今回のフランスツアーで利用しました高級ホテルのヒルトンの朝食ビュッフェがとても良かったので、ハイアットも朝食ビュッフェの内容は期待したのですが、実際はちょっと残念な内容でした。

 

ある旅行代理店の方の記事で、ホテルの朝食ビュッフェである飲み物があるか無いかでそのホテルの良し悪しがわかるという記事がありました。

 

判断できるのはトマトジュースで、原価が高いことから出していないホテルも多いのだそうです。

 

しかし、採算面だけにとらわれずサービスを第一に考えているホテルではトマトジュースを出しているところが多いのだそうです。

 

こういったホテルは料理だけではなくサービスも良いと判断ができるとのことでした。

 

確かに今回のフランス旅行では各地のホテルに9泊しましたが、滞在が快適と感じたホテルの朝食ビュッフェにはトマトジュースがありました。

 

ハイアットリージェンシーパリエトワールの朝食ビュッフェには残念ながらトマトジュースがありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さらにビュッフェの内容もあまり品数が多くなく、ハイアットという高級ホテルのレベルではないと感じてしまいました。

 

 そのため、今回私が朝食で食べたのはこのような内容となります。

 

 

場所について





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ