スポンサードリンク

パリのレストラン選び

 今回のツアーではパリ泊の際の食事が付いていませんでしたので、添乗員の方に同行していただきました。

 

 添乗員の方はコンコルドラファイエットのコンシェルジュにホテル周辺でどこのレストランが良いのか聞いてくれていたのです。

 

 まずはホテルの方のお勧めのレストランに行ったのですが、カフェのような雰囲気でしたから、違うお店にすることにしました。

 

 コンコルドラファイエットに勧められたのはカジュアルな雰囲気のOrestoというレストランです。

 

 クチコミを後で見ましたら評価が良かったので、こちらのお店でも良かったかなと思いました。

 

 ではどこのお店が良いかなと近くを歩いて決めたのがTABAC DES TERNESです。

 

 店の前でメニューを見ていましたらウエイターの方が近寄ってきて、店内に誘ってくれましたので、こちらのお店を利用することにしました。

 

 お店の中の雰囲気はクラッシクなパリの雰囲気がありとても気に入ったこともありました。

 

 メニューは料理の写真が付いた英語のものがありましたので注文はそれほど難しくはありませんでした。

 

 店内に誘ってくれたウエイターの方が外の通りの景色が楽しめる席に案内してくれました。

 

 店内の椅子は赤いベルベットとなっていまして、パリに来たなと感じながらの食事となりました。

 

 

--- スポンサードリンク ---

料理について

 今回注文したものはSALADA DE GAMBAS 15.8ユーロとTARTARE DE BOEUF 15.5ユーロとLA POTENCE DE LAU 27.5ユーロです。

 

 3人でシェアしたので料理の量は少ないかなと思ったのですが、個人的にはワインを2本も飲んだことよりこれで十分でした。

 

 SALADA DE GAMBASはメニューに写真付きで載っていましたので、お勧めと思い注文しました。

 

 

 

 タルタルステーキは生の肉ということで、添乗員の方が食べることができますかと心配してくれたのですが、ユッケが大好きな私はとても美味しく頂くことができました。

 

 マヨネーズ味のような気がしたのですが、タルタルステーキはマヨネーズに似た香草入りのソースのものがあるのでそれだったのでしょう。

 

 

 

 ワインは野菜や肉のどちらでも良いように最初はロゼにしました。

 

 ロゼワインは Sanceree Rose balland chapuisで38.8ユーロのものです。

 

 

 

 ロワール地区のワインで日本ではあまり見かけないものではないでしょうか。

 

 格安ワインのロゼダンジュも好きな我が家には、とてもおいしく頂けた辛口の1本です。

 

 こちらはもちろんウエイターの方のお勧めです。

 

 添乗員の方と話しながら楽しく飲んでいますとあっという間にワインを飲んでしまいましたので、次に赤ワインが欲しくなりお願いしました。

 

 赤ワインにつきましてもウエイターの方にお勧めを聞いたのですが、リーズナブルで美味しいワインを勧めてくれました。

 

 銘柄はボルドーワインのChateau Lapelletrie Saint Emilion Grand Cruシャトー ラペルトリ サンテミリオングラン?クリュ 45.5ユーロでした。

 

 

 

 このワインはインターナショナル?ワイン?チャレンジ2009ヴィンテージブロンズを受賞しているもので、リーズナブルなのですが評価は高いワインです。

 

 そしてLA POTENCE DE LAUが運ばれてきました。

 

 

 

 

 このお店の名物のようで、ビジュアル的に楽しませてもらいました。

 

 

 料理よりもワインの方が高いのはフランスらしいですよね。

 

 今回のツアーでパリで一番飲んだ気がしました。

 

 添乗員の木○さん、次回また添乗して頂いたら飲みましょうね!!

 

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯