ヨーロッパ旅行で添乗員の話、スーツケース偏

スポンサードリンク

ヨーロッパ旅行で添乗員の話、スーツケース偏

 今回の阪急トラピックスでの中央ヨーロッパはエミレーツ航空によりミュンヘンからヨーロッパ入りしましたが、経由であったのに無事全員のスーツケースは問題なく着きましたので非常によかったと添乗員の方から言われました。

 

 年間にヨーロッパ旅行も何回か添乗していますとスーツケースがなくなることはよくあることだそうです。

 

 アリタリア航空での乗り継ぎのあるツアーではツアー全員のスーツケースがなくなった事があったそうです。

 

 スーツケースはイタリアの空港でカーゴごと気が付かれづに取り残されていたそうです。

 

 スーツケースが手元に着いたのは旅行終了日だったそうです。

 

 またウイーンで音楽会を鑑賞するのがメインのツアーでもスーツケースが行方不明になり、音楽会鑑賞のための衣装が届かなかったため、非常に残念な目に会われたかたもいたそうです。

 

 せっかく音楽会のためのタキシードやドレスを用意されていたのが、手元にとどかなかったため奥さんは泣かれてしまったとか。

 

 特に注意しなければいけないツアー経路はJALでのパリ経由便だそうです。

 

 よくスーツケースが行方不明になるそうです。

 

 特に危ないのはJALからパリ経由で他の航空会社に乗り換える場合だそうです。

 

 これはJALが悪いわけではなく、空港が悪いとのことです。

 

 パリのシャルルドゴール空港は要注意ということですね。

 

 ヨーロッパ添乗が豊富な添乗員の方の話ですので、この様なツアー経路のヨーロッパ旅行の場合は考えた方がいいのではないでしょうか。

 

 私たちはこの様にスーツケースが行方不明になるなどという事はまったく考えていなかったため身軽な機内持ち込み荷物でしたが、添乗員の方は2日程度の着替えを機内持ち込み手荷物としていたとのことです。

 

 ソフトキャリーを機内持ち込み手荷物として持たれていましたので、その中に下着など用意されていたとのことです。

 

 ヨーロッパ旅行で直行便ではなく、日本国内以外で乗り換えをされる方、とくにパリのシャルルドゴール空港で乗り換えのツアーの方は、機内持ち込み手荷物で2日分ほどの用意をされる事をお勧めします。

 

ヨーロッパ旅行,添乗員,話,スーツケース偏

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯