シャルル・ド・ゴール空港乗り継ぎは要注意と言われました

以前のヨーロッパ旅行で、私たちは機内持ち込み手荷物で着替えなどをまったく持って行かなかった時に、添乗員の方からヨーロッパで乗り継ぎのあるツアーではスーツケースがロストすることがあるので注意した方が良いと言われました。

 

確かに添乗員の方は着替えが入っているであろう、機内持ち込みができる最大のキャリングバックを持っていました。

 

その時の添乗員の話ではヨーロッパでロストが多い空港としてはイギリスのヒースローと、フランスのシャルル・ド・ゴール空港で乗り継ぐ場合は要注意と言っていました。

 

今回のフランス旅行は成田からシャルル・ド・ゴール空港経由リヨンですから危ないのです。

 

そのため今回は2〜3日分の着替えを手荷物として持って行くことにしました。

機内持ち込み手荷物の大きさ

着替えを入れておく機内持ち込みのカバンの大きさはどれほどまで良いのかを調べてみました。

 

エコノミークラスの場合は長さ55 cm、幅35 cm、高さ 25 cmのものが1個となっています。

 

これ以外にハンドバッグ又はショルダーバッグ、ノート型パソコン、カメラ等の身の回り品が1個持ち込めて重量は全部で12 kgとなっています。

 

プレミアムエコノミーとビジネスクラスの場合も同様で長さ55 cm、幅35 cm、高さ 25 cmのものが1個となっています。

 

そしてこれ以外にハンドバッグ又はショルダーバッグ、ノート型パソコン、カメラ等の身の回り品が1個持ち込めて重量は全部で18 kgとなっています。

 

今回の私たちのフランス旅行はプレミアムエコノミークラス利用ですから18kgもあれば着替えは余裕で持っていけそうです。

機内持ち込み手荷物の大きさ

成田からはエールフランスのプレミアムエコノミーですが、セントレアから成田まではANAの国内線となっています。

 

そのためANAの機内持ち込み手荷物についても調べてみました。

 

ANAの場合は長さ、幅、高さの合計が115cm、最大の大きさが55cm×40cm×25cm以内で1個となっています。

 

重さは10 kgとなっていました。

 

今回のフランス旅行はこのANAの機内持ち込みに合わせることが必要かと思います。





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ