スポンサードリンク

我が家のスイス旅行選びのポイントについて

 我が家のヨーロッパ旅行ではスイスは過去に5回行っていますので、その経験を元に今回のスイス旅行選びをしました。

 

 スイス旅行選びのポイントになるかどうかは分かりませんが、今回のスイス旅行で選ぶ基準とした項目についてお伝えしたいと思います。

 

 我が家のスイス旅行のポイントはスイスの山の景色と、花が綺麗な町並みを楽しむといったものです。

 

 セントレアからのスイスは成田や関空からのツアーと違い、ツアー数が圧倒的に少ないのですが、その中でもツアーを選ぶ我が家の勝手な今回のツアー選びの基準についてお伝えします。

ホテルはインターラーケンよりもグリンデルワルトがおすすめ

 ユングフラウ観光はスイス観光のハイライトだと思いますが、ユングフラウ観光の際に宿泊するホテルがグリンデルワルトとインターラーケンのホテルの場合が多いと思います。

 

 我が家のお薦めは断然グリンデルワルトのホテルの宿泊ツアーです。

 

 我が家はグリンデルワルトとインターラーケンののどちらにも宿泊をしましたが、インターラーケンのホテルからは山々の姿は遠くに少しだけ見えるといった状況で、山岳リゾートに宿泊するといったイメージはとても少ないのです。

 

 確かにインターラーケンにはそれなりのお土産も販売していますし、グリンデルワルトよりもお土産が若干安く購入できるように思いますが、できればグリンデルワルトのホテル宿泊の方が、ユングフラウの壮大な景色を十分楽しむことができますので満足度は高くなると思います。

 

 

 

 

グリンデルワルトとツェルマットについて

 スイスの山を堪能する宿泊拠点としてはグリンデルワルトかツェルマットかと悩まれる方も多いと思いますが、我が家のお薦めは断然グリンデルワルトです。

 

 グリンデルワルトの街からの景色はストリートビューでの景色を見ていただければわかりますが、ツェルマットの街からの景色は、ネットで調べてもあまり出てこないのではないでしょうか。

 

 ツェルマットの景色の写真は街から離れた小高い場所から撮影されたものが多いことからもわかるように、マッターホルンの姿だけで、グリンデルワルトのようなアルプスの壮大な景色とは違う感じだと感じます。

 

 ツェルマットの街はお土産のショップやホテルなどもあり、リゾート感もあるのですが、私は個人的にはグリンデルワルトの方が良いと思います。

 

 そのため今回のスイス旅行もツェルマット1泊、グリンデルワルト2泊のツアーを選びました。

 

 

 

スイスをじっくり楽しむツアーがお薦め

 スイスの景色を堪能するのであれば、できるだけスイスの滞在のみのツアーがお薦めです。

 

 スイスと共にフランスやドイツを楽しむツアーもありますが、せっかくの旅行ですから、移動時間で費やすのではなくじっくりとスイスの景色を楽しめるツアーがお薦めです。

 

 今回の我が家のツアー選びではセントレアからのツアーでは選べる選択肢が少なかったため、シャモニー、サンモリッツ、グリンデルワルト、ツェルマットというコースを選択しました。

 

 山の景色は午前中の方が安定していますので、午前中に山に登るツアーが良いと思います。

セントレアから行くスイス旅行選びについて記事一覧

 セントレアからのスイスツアーで、グリンデルワルト2泊、ツエルマット1泊というツアーは阪急トラピクスしかありませんでしたから、以前お世話になって良かった阪急トラピクスのツアーで参加することに決めました。 ホームページでのツアーの催行決定がわかる阪急トラピクスはとても便利だと思い、それも選んだ理由のひとつでもあります。 実は本当に希望したツアー内容は、大韓航空にてソウル経由で行く「スイスアルプスフラ...

 ツェルマットのアンバサダーは阪急トラピクスで利用するホテルです。 ツェルマットの駅に近いホテルで、こじんまりしたアットホームなホテルといった雰囲気です。 室内は豪華ではありませんが、必要最低限はそろっていますので、滞在に問題はありません。 日本のツアーでの利用が多いようで、日本人のツアー客が多いホテルです。 屋内スイミングプールなどホテル内施設もいろいろあるのですが、ツアー客の利用が多いことから...

 スイスの気候はアルプスの南と北、西と東で天気が異なり、高低差があることや、内陸部にあることから、一日の気温の変化も激しいのです。 スイスは四季がはっきりとしている地域です。 スイス旅行のハイシーズン夏の季節の6月から8月となり、世界中からハイキングや登山のために人々が訪れます。 日中の気温は上昇し、25度から30度までとなる日がありますが、朝晩は冷え込みますし、涼しいこともありますので上着や雨具...

 阪急トラピクスのスイス旅行をネットで申し込みをして、申込金の払い込みはメールで指示がありましたので、申込金を除いた旅行代金の残金もメールで連絡がくると思っていたのですが、実際には郵便で、振込み用紙が送付されてきました。 前回の申込金のメールに 「残金がある場合、ご出発日20日前をめどに残金についてのお振込みのご案内を、お送りしますので、指定の口座に振り込んでください。」 と記載がありましたので待...

 グリンデルワルトまたはインターラーケンからユングフラウヨッホの観光ツアーに行かれる方は、標高の高い中腹のクライネシャイデックで散策をしたり、頂上のユングフラウヨッホで散策をしたりする際の服装を考える必要があります。 ユングフラウヨッホにはスフィンクス展望台という屋内の展望台がありますが、屋外に出られるのでしたら、夏であっても防寒着が必要です。 ユングフラウヨッホで滞在時間が長いツアーの方は、寒さ...

 メルキュールボッソンはスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅で、ジュネーブ空港に到着した1日目に宿泊するホテルです。 ホテル到着が午後8時30分となっていますので、夕食は無しで、朝食のみの利用となります。 阪急トラピクスでのこのツアーでの利用では寝て翌朝の朝8時の出発前の食事を利用するという、ホテルの良さを楽しむことが少ないホテルです。 このホテルはスイスではなくフランスにあることから支払い...

 今回阪急トラピクスで申し込んだスイス旅行の旅行日程表が送られて来たのは、旅行出発日の10日前でした。 送られてきたものは・ 旅行日程表・ 在宅用の旅行日程表・ スーツケース用タグとツアーシール・ ツアーバッチ・ スイス旅行説明書・ ハイジの愛したアルプスの世界という冊子・ ユングフラウ鉄道全線開通100周年記念ステッカー・ おみやげ宅配便の案内書 でした。 海外旅行保険は、私たちは阪急トラピクス...

 今回のスイス旅行でグリンデルワルトの天気予報が知りたかったため、日本語で検索したのですが、あまり表示されませんでしたので、自分の旅行用にと海外の天気予報のサイトのリンク集を作りました。 中には他のサイトと違う天気予報となっているサイトもありますが、前部を見ますと大体の様子がわかります。 もちろんあくまでも天気予報ですし、山の天気は変わりやすいので、旅行出発直前の日までチェックされることをお勧めし...

 2011年の春に2週間ほどのヨーロッパ旅行を行うために、我が家では特大のサムソナイトコスモライトを購入しました。 その際のショップの説明ではアメリカ方面ではこの大きさのスーツケースは取扱ってくれませんが、ヨーロッパ方面ではOKとのことでした。 とりあえずはアメリカ方面の旅行でも使用できる容量が88リットルの52 × 74 × 31というサイズを購入しましたが、コスモライトに荷物を詰めだしましたら...

 我が家はスイス旅行でツェルマットからマッターホルン観光でゴルナグラードに行くのですが、その際に便利な天気予報のリンク集を作ってしまいました。 日本語の天気予報サイトもありますが、やはり地元の天気予報の方が確立が高いかなと思います。 サイトによりまして天気予報が違う場合があるのですが、やはり高い山の天気は安定しないということでしょうか。 旅行の前に下記の6サイトを見て頂ければ、大体の天気予報の傾向...

 今回のスイス旅行はルフトハンザかフィンランド航空でセントレアからの出発でしたが、ルフトハンザでフランクフルト経由に決定しました。 10時10分発の便ですから、空港の阪急トラピクスカウンターには2時間前の8時10分集合となっていました。 カウンターには添乗員の方がいらっしゃって、搭乗券がすでに発行されていましたので、すぐにルフトハンザのチェックインカウンターにスーツケースを預けました。 帰りのEチ...

 セントレアからのルフトハンザは約12時間20分後にフランクフルト空港に到着します。 日本時間では夜の10時30分頃となるのですが、現地では午後の3時30分頃となります。 飛行機を降りまして手荷物を持ってここで入国手続きを行います。 スイスもドイツもヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることを許可する協定のシェンゲン協定に加盟していますので、この後はパスポートの提示はスイスからの出国...

 阪急トラピクスのスイス・アルプス3大名峰と氷河特急の旅8日間の旅は、2日目は朝からエギュドミディにロープウェイで昇り、モンブランを見るという予定でした。 朝から天気は曇りでしたが、エギュドミディは見ることが出来たためバスでホテルからロープウェイの乗り場近くの駐車場まで行き、そこから徒歩で乗り場まで移動しました。 乗り場に着きますと多くの日本人観光客がいましたが、ロープウェイは強風で運休していまし...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅2日目はモンブランを見にエギュドミディに朝からロープウェイで上る予定でしたが、強風のため運休となっていました。 10時にロープウェイの運行をどうするか発表するとのことで、それまで時間があるために添乗員の方がシャモニーの街の観光をしようと案内をしてくれました。 観光を始めようとしましたら雨が降ってきましたので、傘を差しての観光です。 シャモ...

 シャモニーで昼食が終わった後にバスに乗りツエルマットに向かいますが、その途中でシオン城の観光が入っています。 ただしシオン城へは途中というより、高速道路でマルティニーからモントルー方面にかなりそれて向かうことになります。 シオン城を見た後は行きと同じ道を戻り、シャモニーに向かうことになります。 昼食後であったことと、2日目も朝早くからの観光であったために、バスの車内は寝ている方も多かったです。

 スイスの観光地では日本の夏の服装で十分過ごせますが、朝晩には少し冷え込みますので薄手の上着が必要です。 今回のグリンデルワルト滞在でも天気良かったのですが、夕方や朝は半そでの服では少し寒いかなといった状態でした。 もちろんホテルの中のレストランでの食事は半そでで十分です。 グリンデルワルトの7月8月の最低気温は10度ほどとなっていまして、天気が良ければ日中は30度ほどとなります。 天気によって気...

 今回のスイス旅行のために素人調査隊はカメラを新たに2台用意しましたが、どちらのカメラも広角レンズが使用できるようにしました。 カメラはキャノンイオスKissX6iとオリンパスペンのEPL2です。 それぞれのカメラに用意したレンズなどと、アクセサリー、実際に使用した感想ですが、素人調査隊はカメラについては詳しくなく、綺麗な写真が撮りたいといっただけで購入をしています。 撮影に関してはカメラまかせの...

  今回のスイス旅行のために素人調査隊はカメラを新たに2台用意しましたが、そのうちのオリンパスペンのEPL2についてです。 撮影に関してはカメラまかせのオートモードでの撮影をしましたが、評判では空の青色が綺麗に写るとのことで楽しみにしていました。 EPL2を購入したのは在庫整理でコンパクトデジカメと変わらない価格で購入できたからです。 オリンパスペンで写真を綺麗に撮るといった雑誌も出ているようです...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大明峰と4つの絶景列車の旅で、ツェルマットのホテルはナショナルとなりました。 予定ではアンバサダーとなっていましたが、ナショナルとなって不便かなと思ったことはゴルナーグラート鉄道の駅まで少し遠くなってしまったことです。 それ以外はホテルもスーペリアクラスらしくチェックイン手続きの間にドリンクサービスもありましたし、ホテルの雰囲気もスイスらしくウッディでとても印象が...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅の3日目は、マッターホルンを見にゴルナーグラート観光とハイキング、その後グリンデルワルトに向かうというスケジュールのため、朝早くからの出発となります。 朝焼けのマッターホルンを見るということで、ホテル近くのビューポイントでの観光もあったのですが、当日のツェルマットは曇りでまったく見ることができませんでした。 朝食を早い時間に食べた後、駅ま...

 マッターホルン観光後、ツェルマットからテーシュへ列車にて移動し、バスに乗ってベルン観光に向かいます。 ベルンまでは230キロもあり、時間にして3時間ほどの大移動となります。 そして1時間ほど市内観光をして、本日の宿泊地のグリンデルワルトまでは80キロの移動で、約1時間バスに乗るといった内容です。 ベルンまでの移動時間は、バスの中はマッターホルン観光で少し疲れてしまったので寝てしまう方が多かったで...

 ホテルの場所はユングフラウへ向かう鉄道の駅がある場所から離れていて、グリンデルワルトの賑やかな町並みの一番端といった場所となっています。 ホテルは大型ホテルでロビーも広く、添乗員の方がチェックイン手続きをされている時もゆったりとソファーに座っていることができます。 私たちのホテル到着は日本のツアーとしては早い時間なのか、しばらくして夕食にホテル向かい側にあるレストランに行く時間になりますと、日本...

 阪急トラピクスのスイス4大名峰ツアーで3日目のグリンデルワルト到着日の夕食は、宿泊するサンスターホテルの道路を挟んだ向かい側にありますステインボックホテル(Hotel Restaurant Steinbock)のレストランでした。 このステインボックホテルのレストランはグリンデルワルトでイタリア料理が楽しめる有名店ですが、ここでお肉のフォンデュを食べました。 ここでのフォンデュはシノワーズと呼ば...

 阪急トラピクススイス4大名峰の4日目はユングフラウ観光です。 ユングフラウ観光は多くの方が観光されていてブログも多いですから、JTBでも観光したことがある素人調査隊は阪急トラピクスの特徴をお知らせします。 朝の出発は早い時間で、あまり人や車の通行が無いメインストリートを宿泊しているサンスターホテルからグリンデルワルトの駅までは5分ほど歩きます。 添乗員の方は集合時間を出来るだけ遅くに設定してくれ...

 阪急トラピクスの4大名峰ツアーで訪れたヨーロッパの最高地点にある駅から、スフィンクス展望台に向かい、展望台の中で添乗員の方から集合時間と場所を聞きましたら、各自観光を始めます。 展望台の観光ルートは表示されていますので、その表示通りに進めば良いのですが、自信の無い方は添乗員の方も観光ルートを巡りますのでついて行けばよいと思います。 私たちも添乗員の方と一緒に展望台を巡り、人間三脚をお願いして記念...

 阪急トラピクスのスイス4大名峰のツアーで、ユングフラウ観光は早い時間にグリンデルワルトまで戻りますので、私たちはフリータイムにフィルスト展望台に行くことにしました。 フィルスト展望台までのゴンドラは私たちが宿泊していましたサンスターホテルのすぐ向かい側に乗り場があります。 阪急トラピクスのスイス4大名峰のツアーでは、スイスの登山鉄道やゴンドラなどがスイスパスよりもお徳に半額で利用できるパスを利用...

 グリンデルワルトの地図を今回の旅行前に探したのですが、見つからなかったのでグーグルの地図をみたのですが、衛星写真は古いものでしたからあまり利用できないかなと感じました。 今回の阪急トラピクスのツアーでもコピーの地図を2枚もらったのですが、1枚はかなり以前に作られたような地図でしたので、今回はグリンデルワルト内の免税店紹介でもらった地図を掲載させていただきます。 実は今回グリンデルワルトで行こうと...

 阪急トラピクスのスイス明峰の旅の5日目の行程はグリンデルワルトのホテルを出発して、景色がすばらしいフルカ峠を越えてアンデルマットで昼食、その後氷河特急に乗車してスイスのリゾート都市サンモリッツのホテルといった内容になっています。 今日は昨日までの天気とは違いとても良い天気となり、気持ちの良い朝の景色です。 もう一日早くこういった天気であれば、ユングフラウ観光もとても良かったのにと思えるほどの天気...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅で5日目はフルカ峠を越えて氷河特急に乗るためにアンデルマットで昼食となりました。 アンデルマットのレストランは日本の旅行社がよく利用するレストランのようで、団体客が利用するためのテーブルが空いていました。 私たちのレストラン到着が早かったようで、私たちが食事を終わった頃に他のツアーのバスが到着していました。

 アンデルマットで昼食後に駅からサンモリッツまで氷河特急のパノラマカーの2等車に乗車しました。 車内では見所などは日本語によるガイドが流れますので、聞くためのイヤホンやガイドパンフレットが用意されていました。 サンモリッツ駅に到着は夕方なので、かなりの時間を車内で過ごすことになり、乗車した最初は景色を見て楽しむのですが、そのうちに景色を見るのも飽きてしまい、知らないうちに寝てしまいました。 もちろ...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅5日目に宿泊しましたサンモリッツのローディネラは、サンモリッツという高級リゾートの雰囲気がまったく無い場所にあるホテルでした。 私たちは以前にサンモリッツの中心地の散策を楽しみましたが、その場所とはかなり離れた場所のホテルですから、滞在中に行くことも出来ません。 ホテル周りの観光としてはホテル出発の朝にモーリッツアー湖岸の公園へ行き、サン...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅の6日目は、サンモリッツからティラーノへ、ベルニナ特急に乗るためにバスで移動しました。 サンモリッツからティラーノまでの距離は約58キロで、時間は1時間30分ほどです。 サンモリッツを過ぎてポントレジーナを過ぎたところから、綺麗な山岳風景と変わっていきます。 ビアンコ湖からの道はしばらくの間はつづれ折の道となりますが、バスは意外とハイペー...

 バスでティラーノの駅に到着しましたら、ベルニナ特急に乗車です。 阪急トラピクスのツアーでは2等車に乗車なのですが、この2等車が窓を開けることが出来て、とても良いのです。 氷河特急の車両ですと窓を開けることができなくて、景色を眺めるだけとなってしまいますが、窓が開きますと写真も撮りやすいですし、時には窓から顔を出すこともできますので、旅行でいっしょになった方もこちらの2等車の方が良いと皆言っていま...

 ディアボレッツア観光が終わりますとバスに乗り、最終観光地のマイエンフェルトに向かいます。 移動距離は110キロほどですが、山道なども通りますので約2時間ほどかかります。 そのためバス内は午後のお昼ねをされる方が大半です。 バスは山岳地帯から少し標高の低いところへと向かいますが、ハイジの舞台はこれほど低いところだったのかと思いました。 バスはとても快調に走り、予定時刻よりも余裕を持って高速道路から...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅の最終宿泊ホテルはコートヤードチューリッヒノース(旧コートヤードバイマリオット)です。 マイエンフェルトからは約100キロの距離で高速道路を走りますが、2時間30分ほどの予定となっています。 私たちの旅行日程は偶然スイスの祝日と重なったため、高速道路やチューリッヒ市内がとても空いていたので予定よりもかなり早くホテルに到着することができまし...

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅での最終の夕食はコートヤードチューリッヒノースでの食事となりました。 ホテル内にはおしゃれな雰囲気のレストランがあり、こちらで夕食となりました。 食事の料理の内容は阪急トラピクスらしくとてもシンプルな内容で、サラダとスープ、メインにデザートというものです。 私たちは食事の際にビールやワインをたくさん飲みますので、食事の量はこれで丁度良いの...

 スイスからの帰国日は、まずはチューリッヒ空港からフランクフルトに向かいます。 チューリッヒ空港で出国手続きを終えますと搭乗までは時間がありますので、搭乗口だけ確認しましたら、スイスでの最後のショッピングを楽しみます。 阪急トラピクスのスイス4大名峰のツアーはお土産を購入する時間があまり無いツアーでしたから、チューリッヒ空港ではお土産をたくさん購入しました。 添乗員の方からのお土産の一番のお勧めは...

スイスの電圧は220から230ボルトで周波数は50ヘルツとなっています。そのためスイス旅行の際には日本の100ボルト対応の電化製品をそのまま使うことが出来ません。日本の100ボルト対応製品をスイスで使いたいのであれば変圧器が必要となります。変圧器によってコンセントからの220から230ボルトを100ボルトに変圧することができます。変圧器も色々な種類がありますが、日本の製品をスイスで使用したいのであ...

日本とスイスの時差はマイナス8時間となっています。日本にいてスイスの現在時間を計算する時は8時間戻した時間がスイスの現在の時間となります。スイス旅行中に今の日本の時間を計算するには8時間プラスした時間が現在の日本の時間となります。スイスには夏の期間にサマータイムが実施されます。この時期になりますとスイスの時間は1時間進みますので日本との時差はマイナス7時間となります。サマータイムは毎年3月の最終日...

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯