航空会社の選び方について

日本からモロッコに行くツアーは成田や羽田などからヨーロッパの空港で乗換をしてモロッコのカサブランカに行く方法と、中東系の航空会社でドーハやドバイ経由でカサブランカに行く方法、ターキッシュエアラインズ利用のイスタンブール経由でカサブランカに行くツアーがあります。

 

私が調べた時のツアーでは成田から午前10時55分のエールフランス航空でパリに行き、パリ着が午後3時40分、乗り継ぎはパリを午後9時に出発してカサブランカに午後11時55分に到着します。

 

ホテル到着は翌日の午前1時30分となっていて、その日のツアーはホテル発が午前8時となっています。

 

寝るのが午前2時30分で起きるのが午前7時でしたら睡眠時間は4時間30分とかなりハードな日程となります。

 

成田パリ間の飛行時間は12時間40分ほどですから寝ることはできますが、パリ着の時間は日本時間にしますと深夜12時頃となります。

 

パリの空港での乗り換えで5時間ほど待たなければなりませんので、体がまだ日本時間のままでしたら深夜12時頃から早朝の5時頃まで眠たくても起きていなくてはなりません。

 

私たちは成田からANAでブリュッセル経由でのツアーに参加した時に同じような時間帯でブリュッセル空港での乗り継ぎでした。

 

空港内で5時間ほど待ったのですが、眠くても椅子で寝ることもできず、、待つ時間もすることが無いのでとてもつらかったことからこのルートは利用したくないなと個人的には思いました。

 

ターキッシュエアラインは機内食やサービスなどの評価がとても高い航空会社です。

 

成田空港からイスタンブール経由でカサブランカ着となるのですが、往路の乗り継ぎ時間が6時間以上となるのが難点です。

 

成田からイスタンブール空港までの飛行時間は12時間35分ほど、イスタンブールからカサブランカまでの飛行時間は4時間10分ほどです。

 

カサブランカ着は2日目の午後2時頃となりその後観光となります。

 

イスタンブールからカサブランカまで機内でしっかり寝ておく必要があり、寝られないと2日目の観光が大変となります。

 

羽田空港からカタール航空で行く場合は羽田発が午後11時50分でドーハには午前6時10分頃の到着となります。

 

飛行時間は12時間20分ほどとなります。

 

ドーハからは7時15分発でカサブランカには午後1時30分頃の到着となります。

 

飛行時間は8時間15分ほどです。

 

このフライトの良い点はドーハでの乗り換え時間が短く1時間ほどという点です。

 

ドーハ到着が日本時間ではお昼頃となりますのでフライト中に7時間ほど寝ることができればドーハ空港での移動も楽だと思います。

 

ドーハからカサブランカまで寝ることができれば、カサブランカ着は日本時間で午後9時30分頃となりますので体力的には比較的楽ではないでしょうか。

 

成田空港からエミレーツ航空で行く場合は成田を午後10時頃の出発となり、ドバイ着は午前4時15分頃となります。

 

飛行時間は11時間15分ほどです。

 

ドバイからカサブランカは午前7時25分頃の発となりますので乗り換え時間は3時間10分ほどとなります。

 

ドバイ着は日本時間で午前9時頃ですから飛行中にしっかり寝ることができれば乗り継ぎで3時間ほど待つのはそれほど問題ないかもしれません。

 

ドバイ発は午前7時25分頃でカサブランカ着は午後1時15分頃となります。

 

飛行時間は8時間50分ほどとなります。

 

モロッコ観光でツアーを選ぶ時にはモロッコまで行くフライトの時間や乗り継ぎ時間までしっかり調べて選ぶことをお勧めします。

ホテルについて

モロッコ旅行に限らないのですが海外旅行でツアーを選ぶポイントは宿泊するホテルが出来るだけ確定しているツアーを我が家では選んでいます。

 

モロッコ旅行のツアーで我が家が検討したツアーのひとつはホテルの表示が次となっています。

 

シャウエン スタンダードクラス
アトラス・シャウエンと同等クラス 

 

フェズ スーペリアクラス
エル・ミンゼ・ザラーと同等クラス 

 

ワルザザード スーペリアクラス
ル・フィントと同等クラス 

 

マラケシュ スーペリアクラス
モガドール・オペラ・ホテル&スパと同等クラス 

 

エルフード スーペリアクラス
サラムと同等クラス 

 

と全てホテルは未定でクラスだけは決まっているといったものです。

 

たとえばシャウエンのホテルですがこの旅行会社が利用するスタンダードクラスの同等のホテルは8軒もあります。

 

フェズのスーペリアクラスは8軒、ワルザザードは9軒、マラケシュは16軒、エルフードは7軒となっていてどのホテルになるのかなということが楽しめる方は良いのですが、我が家はやはりホテルが決まっていた方を選びます。

 

今回比較したツアーのホテルは次の様になっていました。

 

ラバト スーペリアクラス
ホテルファラーラバト、ラバト、ルリーブホテル、ベレーレのいずれか

 

シャウエン スタンダードクラス
リアドエクシャウエン、ダル・バ・ジディ&スパのいずれか

 

フェズ デラックスクラス
パレウメイヤ

 

メルズーカ スタンダードクラス
カスパホテルトゥンブルクゥ、オーベルジュドゥサッド、オーベルジュラベルエトワールのいずれか

 

ワルザザート デラックスクラス
ベルベルパレス

 

マラケシュ デラックスクラス
ル メリディアン エンフィス

 

この比較したツアーは旅行代金もそれほど変わりません。

 

ホテルが確定できるツアーはヨーロッパに旅行会社の支店があり、ホテルやレストラン選びが良いと評価されているところです。

 

以前ヨーロッパ旅行に大手ツアー会社で行った際に、ヨーロッパでのホテル確保はそのツアー会社から委託されたヨーロッパの旅行社だったということを知りました。

 

そういったこともありツアー選びは宿泊予定のホテルについてもよくチェックすることをお勧めします。

モロッコ旅行に行く時のツアー会社の選び方について教えます記事一覧

モロッコの気候は地域によって異なっています。各地域別の気候は次となります。沿岸地域について沿岸地域はカサブランカなどの町です。地中海や大西洋に面した沿岸部地域の気候は地中海性気候です。そのため年間を通して温暖で過ごしやすい地域となっています。モロッコの雨季は11月から3月となりますが、沿岸部では雨季でも雨が少ないのです。夏は晴れの日が続きますので乾燥します。夏の日中は気温が高くなりますが、湿度が低...

モロッコ旅行で使用する現地通貨のモロッコディルハムは残念ながら日本の空港の銀行や両替所で日本円から両替することができません。私もモロッコ旅行に行く時に日本の空港でモロッコディルハムに両替できないか探しましたがありませんでした。ツアーの添乗員にも聞きましたがやはり日本でモロッコディルハムに両替することはできないとのことでした。そのためモロッコ旅行の際のモロッコディルハムへの両替はカサブランカにある国...

今回のモロッコへの観光はカタール航空の利用で羽田からドーハ経由でカサブランカ空港といった路線の全区間をビジスクラスで楽しみました。羽田からのドーハへの機材はA350-1000型でした。実は出発前に機材変更の連絡がありQスイートの機材ではないと言われたのですが、当日のチェックインカウンターに行きますと急遽機材がA350-1000型に変わったとのことでした。そのためシート配列が「1-2-1」の配列とな...

ヨーロッパ旅行はかなりの場所に行ったことから今までに行ったことのない、街の雰囲気が違う観光地をと旅行先を探していました。ヨーロッパ旅行のツアーは8日間のものが多いのでもう少し旅行期間のものをと探していましたら、いつも利用する阪急系となった旅行会社のフレンドツアーで11日間のツアーを見つけました。11日間の海外旅行としてはツアー代金もヨーロッパに比べますとリーズナブルです。3日も旅行日が長いと楽しめ...

カサブランカの空港に午後1時30分に到着して入国手続きと両替、ハッサン2世モスク観光後にラバトにバスで向かいホテルには午後6時にチェックインできました。機内でランチもしっかり頂きましたが少し観光したことでリフレッシュできましたし、早めのホテルへのチェックインができたことで夕食時の食欲は普通でした。モロッコ旅行がエミレーツやカタール航空での方はカサブランカ空港到着前の食事を調整しておくことをお勧めし...

ヴォルビリス観光後に翌日のシャウエン観光のためにシャウエン近くのホテルのリアド ダルバ シディ&スパに3時間30分かけて移動しました。曲がりくねった山道をバスが走りましたので車酔い寸前の方もいました。少し暗くなった中でホテルに到着です。今日宿泊するホテルはバスタブが無いとのことでどんなホテルなのかと心配していました。正直な感想はレストランの食事はあまり良くありませんでしたが、ホテルの部屋の雰囲気は...

阪神航空フレンドツアーでフェズのホテルで宿泊したのがパレウメイヤでした。ツアーの案内書ではホテル名がパレウメイヤとなっていますが正式名称はパレ オメヤド スイート & スパ Palais Ommeyad Suites &Spaとなっています。この門からホテルに向かいます。王族の館を改装した5つ星のホテルとのことでとても期待していたのですが、ホテルの隣に新しく豪華なホテルが工事中のこともあって狭い路...

メルズーカで宿泊したホテルのオーベルジュドスッドはエルフォードで4WDに乗り換えて向かいます。そのためスーツケースはバスの荷物室で1泊するため1泊分の着替えや化粧品などを違うカバンに入れて4WDでホテルまで運んでもらいます。前日の荷造りが大変ですからバスで行けるメルズーカのホテルの方が良かったかなとも思いました。ホテルの近くまでは舗装された道路を80キロほどのスピードで走りました。ホテルに近づきま...

モロッコ旅行でワルザザートのホテルとして宿泊したのがベルベルパレスでした。ワルザザートには映画の撮影スタジオがあり多くの映画が作成されているそうですが、有名な映画スターが撮影時に宿泊するホテルがベルベルパレスとのことです。フロントから一番近い豪華なスイートルームにはブラッド・ピットが宿泊したとのことです。ホテルの建物は高層タイプではなく2階建てのコテージが敷地内に広がっているといったものでした。私...

マラケシュで宿泊したホテルはマリオット系のル メリディアン エンフィスでした。今まで宿泊していたホテルのモロッコ調とは違う通常のホテルとなっていました。1泊朝食付きで1室の宿泊代金が1,121ディルハムですから日本円で13,500円ほどの部屋です。ホテル自体は雰囲気もあるのですが部屋はスタンダードな広さで豪華というよりもシンプルでビジネスライクです。ロビーやレストランのある建物と宿泊した部屋のある...

前日の午後にモロッコのカサブランカにあるムハンマド5世国際空港に到着して簡単な観光後に首都のラバトまでバスで来てホテルに宿泊しました。宿泊したホテルのファラーホテルラバトはハッサンの塔やムハンマド5世の霊廟までは500メートルほどの場所にあることから歩いても行ける距離でした。ラバトは世界遺産なのですが、各観光地が単独で世界遺産ということではなく、ラバトはメディナと呼ばれる旧市街を中心にした街一帯が...

朝にラバト観光をしてから約160キロの距離を2時間30分かけてバスで移動してメクネスに到着です。まずはバスを降りますと城壁から市街に入っていきます。入りましたらいきなりヒツジの歓迎の群れと遭遇でした。途中には羊の毛を刈ったものを扱っているお店もありました。そして進みますと王室のゴルフコースがありました。ガイドさんと共にコース内に少しだけ入りますと多くのネコがいました。モロッコでロイヤルカントリー見...

モロッコ到着の2日目の観光は盛りだくさんで、メクネスで昼食を食べた後にバスに乗り35キロの距離を1時間ほどかけてヴォルビリスに向かいます。ヴォルビリスには午後の2時30分頃到着して徒歩で1時間ほど遺跡観光を行いました。ヴォルビリス遺跡入り口の受付近くにはトイレがありましたので観光の前後に利用しました。料金は1回2ディルハムでした。遺跡の入り口にはヴォルビリス遺跡についての説明と遺跡の彫刻の一部など...

シャウエン観光の際に宿泊していたのはすぐ近くにあるホテルのリアドダルバシディ&スパでしたからホテル発は午前9時15分とゆっくりとした朝になりました。モーニングコールは6時30分、朝食は7時からで8時30分までに荷造りをしてスーツケースの回収でした。バスに乗車しますと街はすぐで、途中でシャウエンの街を一望できる場所でバスは一旦停車して写真を撮りました。写真スポットに生えている木の幹まで青く塗られてい...

今日は1日フェズ観光の日です。モーニングコールは午前6時30分、朝食は7時からレストランで各自で出発は9時でした。荷造りがありませんので比較的ゆったりしたスタートとなります。フェズ観光のスタートはメリニデスの墓というフェズの街を見渡せる丘の上に行きました。生憎この日は朝あまり天気が良くなかったので街はぼんやりとした景色となっていましたが、迷宮と言われるメディナのゴチャゴチャした感じはわかりました。...

フェズを出発して本日はメルズーカのホテルまで963キロの距離を移動する1日です。そのためモーニングコールは午前6時、朝食は6時30分から、部屋への荷物回収は7時、出発は8時となりました。フェズを出発したバスは市街地を抜けますとひたすら単調な景色の中を走り、やがてアトラス山脈の山道となっていきます。峠に行く途中のモロッコのスイスと言われるリゾート地のイフレン(イフラン)での休憩はカフェでトイレを借り...

サハラ砂漠の砂丘に隣接するホテルのオーベルジュ・ド・スッドに宿泊しましたので翌日の朝はラクダに乗って日の出を見にいきました。旅行案内書には「メルズーカ砂丘でサハラ砂漠の幻想的な夜明けをお楽しみ下さい」と書かれていましたが、ラクダに乗るのは別料金が必要でした。日の出を見るポイントまではラクダに30分ほど乗るのですが、歩くこともできるけれど砂丘を歩くのは大変と添乗員に言われました。そのためツアー参加者...

砂漠のホテルから4WDに乗りバスが待っているエルフードまで朝食後に向かいました。ラクダ観光後すぐに朝食でホテル発は午前9時30分でした。今日は1泊分の荷物を持って来ている状態でしたから、ラクダツアーの寒さ対策した服装から防寒着を脱ぐだけのため食事後はすぐに支度ができます。それでも砂漠のラクダツアーからホテルに戻ったのが午前8時30分ですから出発までには1時間しかなく、忙しかったのも事実です。今日は...

ホテルを出発したバスはまずはカスバの全景を見ることができる場所の前で停車して写真タイムです。その後映画の街と言われるワルザザート市街から少し離れた場所にある映画スタジオのアトラススタジオの前に止まりました。中を観光するのかと思ったのですが入場門の前を見るだけとのことでした。実際に映画撮影で使用されたセットを見ることができるそうなので見たかったのですが、バスはすぐにアイトベンハッツドウーに向かいまし...

マラケシュに滞在しての観光の朝一番はマジョレール観光に行きました。フランス人のジャック・マジョエル氏が色々な植物を集めて造り上げ庭なのですが、その没後にこの庭を引き継いだのがサンローランとイヴ・サンローラン社の社長でもあったピエール・ベルジェということからも有名になったのです。特にマジョレル・ブルーと言われる青い色がフォトジェニックということから人気が上がったようです。たしかに私たちが訪問したマジ...

実は我が家はモロッコの料理についてあまり知識が無い状態で観光しましたので正直にいいますと食事には期待していませんでした。ヨーロッパ旅行しかしたことがないので食事が口にあわなくてまずくてもそれはそれで面白いと考えていました。今回のモロッコツアーで一番感じたことは野菜や果物が新鮮でおいしいということです。モロッコ旅行に行かれた方のブログで添乗員から生野菜を食べてはいけないと言われたとか、気を付けていて...





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ