怪鳥コンコルドにヨーロッパ旅行で搭乗しました

スポンサードリンク

古のヨーロッパ旅行でコンコルドに搭乗しました

 もうかなり前のヨーロッパ旅行で、コンコルドとTGVに搭乗を楽しむというツアーがありましたので、参加しました。

 

 英国航空の記念ツアーでしたから、まずは成田からロンドンのヒースロー空港まで行き、そこからローマまでコンコルドのチャーター機に乗るというツアーです。

 

 ツアーの出発日によってロンドンからローマ、またはローマからロンドンへの搭乗となります。

 

 今では絶対にありえないことですが、当時はコンコルドの周りを割りと自由に近づいて見ることができました。

 

 チャーター便で搭乗客は全てツアーの日本人ということもあったかもしれません。

 

 純白の巨大な翼を広げ、くちばしの様に機首を折り曲げたたずむ怪鳥コンコルドは結構迫力がありました。

 

 

 

コンコルドの離陸について

 ロンドン・ヒースロー空港では特別ラウンジからスリムな機内へ搭乗します。

 

 1回の飛行で超音速を体験できる定員はわずかに100名のみ。

 

 機内は壁のラウンドがありますので、通常の飛行機よりも狭く感じてしまいます。

 

 いよいよテイクオフ。

 

 わずか30秒のランニングで大空に舞い上がり、12分後にはマッハ1をマークします。

 

 上昇の角度は普通の飛行機とはまったく違い、かなりの急角度で上昇していきます。

 

 もちろん体が感じる加速度も今まで飛行機では味わったことがないものです。

 

 機内前部には飛行速度がデジタル表示されていて、地中海上空、高度6万フィートでは超音速マッハ2の飛行が楽しめます。

 

 窓外に見える暗黒の宇宙と青紫に染まった下界の美しい眺めは搭乗者の特権です。

 

 成層圏が近いこともあり、その眺めはすごいの一言でした。

 

 機内の幅はないのですが、2−2列のシートは割りとゆったりとしていますし、ゆきとどいたサービスを心ゆくまで満喫できました。

 

 機内サービスではシャンペンを楽しむことができましたし、食事も機内食としてはとても良いと感じました。

 

怪鳥,コンコルド,ヨーロッパ旅行,搭乗

 安定飛行中はコクピットにも入れていただき、記念写真も撮ることができました。

 

 ローマの空港にコンコルドが到着しますと、やはり定期空路ではなく珍しいことから空港関係者が集まってきました。

 

 コンコルドから降りるのもタラップなんて考えられないことだとは思いませんか。

 

 

 

 

 コンコルドの機内では搭乗証明書と、プラスチックモデルを頂くことができました。

 

 このプラモデル現在持っている方は少ないのではないでしょうか。

 

 すでにコンコルドが飛行をやめてからかなりの月日が経ちますが、これほどの乗りたいと思える飛行機はまだ無いのではないでしょうか。

 

 コンコルドのチャーター便でヨーロッパ旅行の古の思い出でした。

 

 

 

 

コンコルド搭乗証明書とチケット

 

 コンコルドに搭乗した証明としてもらった搭乗証明書です。

 

 搭乗券も重ねて置きました。

 

 機長のサインも入っていました。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯