スポンサードリンク

シャネル購入は本店がお勧め

 今回のフランス旅行は最終のパリでフリーの時間があり、オペラ座近くのお店でランチを楽しみました。

 

 その後ギャラリーラファイエットに行ってブランドショッピングを楽しむ予定でしたが、シャネルだけは本店に行ってショッピングをすることになりました。

 

 じつはこれが大正解で、ギャラリーラファイエットに行きますと中国の方の団体旅行の方があふれかえっていまして、各ブランドショップは入場制限をするほどの状態となっていました。

 

 ギャラリーラファイエットのブランドショップの店員も、完全に中国人対応となっていましたので、ゆっくり日本人の方がブランドショッピングを楽しむには適さない状況となっていました。

 

 シャネル本店はそういったこともなく、静かにショッピングができる状況でしたので、パリでブランドショッピングを楽しみたいのであれば、中国の団体旅行の方が来ない、シャネル本店など、各ブランドの独立店がお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 ギャラリーラファイエットの混雑する店内の様子です。

--- スポンサードリンク ---

シャネル本店でショッピング

 シャネルの本店に行く途中で、サントノーレ通りにもシャネルのお店がありましたので入りましたが、こちらはシューズの専門店であったようです。

 

 そのためコンボン通りのシャネル本店へ再び向かいました。

 

 シャネル本店には日本語スタッフの方もいらっしゃるようですが、私たちが訪れた時には休憩中なのか、いませんでした。

 

 それでも親切なスタッフの方のおかげで、カタコトの英語対応でもショッピングが楽しめました。

 

 シャネルの本店には私たちが訪れた時には、日本人は私たちだけでした。

 

 そして関心したのは、購入したバックはブランドの袋に入れてくれましたが、さらにブランド品を購入したとわからないように、茶色のビニールバックに入れてくれました。

 

 

 この気遣いにより、私たちがシャネルを購入したということは、まったくわかりませんので、安心してパリの街を歩くことができました。

 

 それでもオペラ座近辺を歩いていますと数個のブランドの手提げ紙袋を持った方が歩いていましたが、もちろん某国の方のようで、盗ってくれといっているようで大丈夫かなと心配でした。

ミニマトラッセのキャビアスキンの価格

 今回はミニマトラッセを購入しましたが、表面の皮に傷が付きにくいようにキャビアスキンとしました。

 

 

 価格は2,020ユーロでした。

 

 私たちが購入した日のレートは1ユーロが136円ほどでしたから日本円では274,720円となります。

 

 しかしフランスのショッピングでは税金が262.6ユーロ戻ってくることになり、パリのシャルルドゴール空港で還付の手続きをしました。

 

 それであればミニマトラッセは1757.4ユーロ、239,006円ほどとなります。

 

 

 

 

日本での税金について

 日本に戻る際にシャネルのミニマトラッセは1品で20万円以上となりますので、当然免税ではなく課税対象となります。

 

 では日本価格が239,000円ほどのものを入国時に申請しますと税金はどうなるかといいますと、関税が11,000円、消費税・地方消費税が11,800円となり、合計で22,800円の支払いが必要となります。

 

 そのため、しっかり申告した場合のミニマトラッセの購入価格は261,806円となります。

 

 

 

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯