リヨン マリオット ホテル シテ アンターナショナル の感想

フランス旅行でリヨンで宿泊したのがリヨン マリオット ホテル シテ アンターナショナルです。

 

旅行を終わった後から考えれば部屋の広さと設備の良さが今回のツアーで一番良いホテルでした。

 

場所はリヨンの中心街から離れた場所でしたが、タクシーを利用すればベルクール広場から12.00ユーロでホテルまで戻ることができます。

 

ホテルに付随していろいろな設備やレストランなどがありましたが、私たちが利用した時はバケーションシーズンで閉まっているお店が多かったので残念でした。

 

ホテル内にあったレストランを利用しようと思ったのですが、こちらもバケーションシーズンのためかクローズして利用することが出来ませんでした。

 

それでも静かな滞在を楽しむには良いホテルでした。

 

 

 

 

 

部屋について

部屋はスーツケースを2個部屋の床に広げても十分の広さがありますので、とても使いやすいホテルでした。

 

部屋にはコーヒーセットも用意されていました。

 

 

バスルームはシャワーブースとバスタブがありますので入浴は快適でした。

 

 

 

 

ただしヨーロッパのホテルらしくバスタブの排水はとても良くないといったものでした。

 

アメニティは充実していませんので日本からシャンプーやトリートメント、洗顔ソープは持参することをお勧めします。

 

 

 

部屋のコンセントは240ボルトのコンセントですが、洗面所にはシェーバー用の110ボルトのコンセントもありますので日本用製品も利用することができます。

 

 

部屋にはミニバーもありますので到着日にビールも飲むことができます。

 

 

ベランダもありココからの景色を楽しむ椅子も用意されていました。

 

 

朝食について

 

朝食は高級ホテルらしい良い内容でしたのでとても美味しく頂くことができました。

 

コストのかかる生野菜やトマトジュースも用意されていますので、良いホテルの典型的な朝食が楽しめました。

 

生ハムなども充実していましたので朝からしっかり食べさせて頂きました。

 

後から思えばこちらのホテルの朝食ビュッフェが今回のツアーで一良いものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

夕食について

リオンの滞在で市街まで出て行くのではなくホテル近くのレストランで簡単にと思いました。

 

ショッピングモール内のレストランを探したのですがカフェしか営業していませんでした。

 

そのため朝食のビュッフェで利用したホテルのレストランに行きました。

 

昼食でボキューズのレストランでしっかり食べましたのであまりお腹が減っていなかったのですが、少しは夕食で食べておかないとと思いこのレストランを利用しました。

 

夕食のメニューはそれほど多くありませんでしたが、とりあえずサラダとメインを注文しました。

 

注文はフランス語ではなく英語でOKです。

 

ホテルの公園側の屋外の席に案内され夕食を楽しみましたが、この内容で二人で飲み物込みで100ユーロほどです。

 

ホテルレストランですからサービス料込みでは当然の料金でしょう。

 

食のリオンに滞在しているのにホテルで夕食はどうかとも思ったのですが、町まで行くよりもここでゆっくりしたかったのです。

 

レストラン利用者は私たち以外は全てローカルの方でした。

 

サラダのカプレーゼなどのボリュームがありましたので、結構おなか一杯になってしまいました。

 

 

 

 

 

スタッフは対応も高級ホテルらしく気持ちが良いものですから、意外に心地よく食事ができたと思います。

 

英語もフランス語もほとんどできない私たちがフリータイムでの食事としてはそれなりに良かったのではないでしょうか。

 

 





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ