スポンサードリンク

ヨーロッパアルプスはスイス、イタリア、フランス、オーストリア

 ヨーロッパアルプスといいますとスイスを思いつく方が多いと思いますが、私たち家族はスイスだけでなくイタリア、フランス、オーストリアからのアルプスも楽しむ機会がありましたが、それぞれに楽しむことが出来ました。

 

 特に夏の高山植物の綺麗な時期はハイキングなどをしますとヨーロッパアルプスに来たのだという贅沢な雰囲気が楽しめます。

 

 日本の山岳地帯とはまったく違った風景が広がり、どこを撮影しても絵になりますし、写真が好きな方でしたら時間が足りないと思われることでしょう。

ヨーロッパアルプスはあまり高所に行かないほうが景色はきれい

 

 私たちはユングフラウにもモンブランにもマッターホルンにも行き、それぞれで一番高い場所まで行きましたが、高所に行きますとそこは岩と雪、氷河の世界となりますので、写真的には綺麗ではありません。

 

 せっかく行ったのですからもちろん全て観光されることはいいと思いますが、必ずふもとでユングフラウ、モンブラン、マッターホルンを眺めるアルプスハイキングを行うことが絶対にお薦めです。

 

 たとえばグリンデルワルトで午前中がユングフラウヨッホの観光で午後はフリー時間となっている場合などでしたら、クライネシャイデックでとどまり、午後はそこからのハイキングを楽しむといったことがお薦めです。

 

 私たちが2回目のユングフラウヨッホ観光の際は、ツアーでしたが頂上までは行かずにアイガーグレッチャーの駅で降りて、クライネシャイデックまで下りのハイキングを楽しむことをしました。

 

 このコースは下りですからとても楽ですし、ほとんど人が居ませんので景色を独り占めできます。

 

 また登山電車の横にルートがありますので、登山電車が入ったヨーロッパアルプスの景色が撮り放題です。

 

 クライネシャイデックでユングフラウヨッホまで行ったツアーと再び合流すればまったく問題ありませんでした。

 

 ヨーロッパアルプスはハイキングでゆっくりと楽しみたいものです。

花々の咲く標高と時期

 

 標高1,200メートルから2,000メートルのアルプと呼ばれる山の牧草地に花が咲くのは5月中旬から6月中旬です。

 

 さらに標高が高くなりますと花が咲くのは6月上旬から7月上旬となります。

 

 訪れたい場所に咲いています高山植物の花が分かればベストシーズンがわかります。

 

 主な花の咲くシーズンは次のようになっています。

 

 ゲンゼブリュムヘン 3月から9月

 

 トロールブルーメ  5月から7月

 

 フリューリングス・クロクス  3月から6月

 

 アルペン・フェアギスマインニヒト 6月から8月

 

 べヴィンペルター・マンスシルト 5月から7月

 

 ベルク・ハーネンフス  5月から8月

 

 マイグレックヘン  4月から6月

 

 ローテ・フェルゼンプリメル 5月から7月

 

 ベルク・ローゼ 5月から7月

 

 シュタイン・ケルネ 5月から7月

 

 ゲルベ・アルペン・クーシュレ 5月から7月

 

 アルペン・ソルダネッレ 5月から7月

 

 まだまだあますが、6月が意外といい時期だということがわかります。

 

ヨーロッパアルプス観光はベストシーズンと余裕のあるツアーがお薦め記事一覧

 我が家のスイス旅行でユングフラウ観光の際にグリンデルワルトのホテルに宿泊したツアーとインターラーケンのホテルに宿泊したツアーがありました。 この2ヶ所のホテルに宿泊した正直な感想は、ユングフラウ観光のときに泊まる場所はグリンデルワルトが良いということです。 ツアー選びの際にはこの点をチェックしていただきたいと思います。 グリンデルワルトは小さな町で30分も歩けば散策できてしまうのですが、ここにレ...

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯