冬のウイーンの気候と気温 様子がわかる写真について

スポンサードリンク

冬のウイーンについて

 オーストリアの気候は11月から3月が冬の季節で、3月頃までは厳しい寒さが続きます。

 

 冬のウイーンは大変寒いので、防寒対策を十分する必要があります。

 

 屋外の観光にはコート、マフラー、手袋、カイロを用意して暖かくしましょう。

 

 足元は雪が降ることもありますので、靴底の滑りにくい靴で行かれることをお薦めします。

 

 コンサートに行かれる方はそれなりの服装ですと楽しめると思います。

 

 冬のウイーンの名物といいますと焼き栗屋さんです。

 

 路上で栗やジャガイモを焼いて売っていますので、夏には味わうことが出来ない焼き栗をウイーンを散策しながら食べるのは良い思い出になると思います。

 

冬のウイーンの気温について

11月 平均最高気温が7.5度  平均最低気温が2.4度 

 

12月 平均最高気温が4.0度  平均最低気温がマイナス0.5度

 

1月 平均最高気温が2.9度   平均最低気温がマイナス2.0度

 

2月 平均最高気温が5.1度   平均最低気温がマイナス0.9度

 

3月 平均最高気温が10.3度  平均最低気温が2.4度となっています。

 

冬の東京で、年間で一番寒い1月の平均最高気温が9.8度  平均最低気温が2.1度というのと比べますと、ウイーンが寒いということがわかります。

 

冬のウイーンの日の出 日の入り時刻について

11月1日  日の出 6時39分  日の入り 16時38分

 

12月1日  日の出 7時23分  日の入り 16時04分

 

1月1日   日の出 7時45分  日の入り 16時10分

 

2月1日   日の出 7時23分  日の入り 16時53分

 

3月1日   日の出 6時37分  日の入り 17時37分

 

 冬の東京 1月1日の日の出時刻は6時50分、日の入り時刻は16時38分ですから、日の出、日の入り時刻に関しては日本とあまり変わらない状況だと思います。

 

冬のウイーンの様子がわかる写真

 ウイーン旅行中は空がどんよりしていた時もありましたので、こういった感じの写真となります。

 

 草木の緑色はありませんので、写真も夏と比べますと建物は良いのですが、風景は少し寂しい感じとなります。

 

 これが冬のヨーロッパの特徴でもあるのですが。

 

 冬のウイーンでの観光はコンサートが楽しめるのですが、それ以外の市街地観光は夏と同じ場所ですから、景色の綺麗さは晴れた日の雪景色は別格ですが、それ以外はやはり夏の方が綺麗だと私は思います。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯