スポンサードリンク

コルマールのレストランについて

 コルマールにはちょっと昼食の時間には早い時間に到着したのですが、昼食後には市内の散策予定でしたのでまずは昼食のレストランに向かいます。

 

 レストランはコルマールの観光スポットに近い場所にありますMEISTERMANNというレストランです。

 

 お店の外観も趣きがあり、落ち着いたレストランといった感じを受けました。

 

 私たちは早く到着しましたのでお店にはほとんどお客さんはいない状態でした。

 

 

 このレストランは阪神航空がよく利用するレストランのようで、添乗員の方がお店のスタッフの方と話しをしていました。

 

 

 ご覧のようにとても空いているのですが、この後満席になります。

 

 個人の方も数組いましたが、テーブルにセッティングされているセットを見ますと、団体客を受け入れているレストランということがわかります。

 

 ドイツからの団体客に方はかなりの人数でしたし、中国の団体客の方も私たちツアーの4倍ほどの人数でした。

 

 これらの団体客の後でしたら料理が出されるのはかなり後になったのではないでしょうか。

 

 

 まだ利用客が少なかったので、私たちの料理は早く運ばれてきましたが、その後中国とドイツの団体客がきましたので、満員状態となりました。

 

 そのため、さすがに料理が出されるのは遅くなっていたようでした。

 

 今回の私たちのランチの内容はドイツ料理のようで、ソーセージとジャガイモ、シュークルートがとても美味しかったのです。

 

 このあたりはドイツ領になったり、フランス領になったりの場所なのですが、ドイツ料理を今回は頂くことになりました。

 

 

 ドイツに行った際に購入したワイングラスと同じデザインでした。

 

 ハウスワインなのですが、リースリングを使用するシュークルトに合っていましたので、リースリングワインではないでしょうか。

 

 

 サラダは普通ですが、旅行中は生野菜が食べられないことがありますので、美味しく頂きました。

 

 

 

 ソーセージも美味しそうでしょ。

 

 サワークラウトは大好物でしたので、美味しく頂きました。

 

 旅行会社の説明書ではアルザスの代表料理のシュークルトとなっていました。

 

 呼び名はどちらでも良いのですが、シュークルトはもう少し量があれば嬉しかったですね。

 

 この地方のじゃがいもは美味しいのでこちらも大好きです。

 

 じゃがいもとソーセージとシュークルトの料理は日本に帰ってからも自宅で作って食べてみようかと思いました。

 

 素朴ですがくせになる美味しさだと個人的には思いました。

 

 

 デザートはシンプルなアイスクリームですが、ソースが添えられているのはこだわりでしょうか。

 

 このレストランは美味しかったのでとても満足できました。

 

 大好物のサワークラウトをごちそうさまでした。

 

--- スポンサードリンク ---

個人で利用されるなら

 お店の前にはメニューと料理の価格がかかれていますので、確認して利用すれば良いと思います。

 

 ちなみに今回頂いたシュークルート・ガルニは16.9ユーロとなっていました。

 

 日本円にしますと2,300円ほどですから阪神航空のフレンドツアーの食事内容は良いことがわかります。

 

 

 

 

 団体旅行ですが、人数が少ないことからとても快適に食事を楽しむことができました。

 

 

 

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯