スポンサードリンク

展望台観光について

 阪急トラピクスの4大名峰ツアーで訪れたヨーロッパの最高地点にある駅から、スフィンクス展望台に向かい、展望台の中で添乗員の方から集合時間と場所を聞きましたら、各自観光を始めます。

 

 展望台の観光ルートは表示されていますので、その表示通りに進めば良いのですが、自信の無い方は添乗員の方も観光ルートを巡りますのでついて行けばよいと思います。

 

 

 私たちも添乗員の方と一緒に展望台を巡り、人間三脚をお願いして記念撮影を要所でして頂きました。

観光ルートについて

 まず、当日は天気が良かったので展望台の外に出て、周りの景色を楽しみます。

 

 

 

 

 

 展望台の周りをぐるりと周れるのですが、足元は下が見えるようになっていますので、高いところが苦手な方は歩くのが大変のようでした。

 

 

 

 

 

 8月の天気の良い日でしたが、ダウンを着る必要がある気温でした。

 

 

 夏の観光であっても、ユングフラウヨッホに行かれる方は薄手のダウンなどを用意されると、かさばらずに温かくできますのでお勧めです。

 

 天気の良くない日は展望台の中からガラス越しに景色を楽しむことになると思います。

 

 

 

 展望台から降りて、今年から出来たという展示物の回廊をまわり、次に氷河の中を彫刻など見ながら進みます。

 

 

 

 

 

 時間の無い方や、展望台内のレストランでゆっくりくつろぎたい方はこの回廊はパスしてもいいかなと思います。

 

 

 

 展望台の建物内には世界で一番高いところにある時計屋があり、価格は高くないと言っていましたが、スイスフランでのショッピングはユーロと比べて割高に感じました。

 

 

 最後に氷河を見渡せる外に出ます。

 

 足元は踏み固められた雪ですから、結構滑りそうで坂道を歩くのは大変です。

 

 天気が良かったので、空の青さと雪の白さでとてもまぶしく、サングラスは必需品でした。

 

 

 

 

 

 

 ここが観光ルートの最後で、展望台下に戻りお土産店などを見て集合時間まで過ごします。

 

 

 

 観光客は韓国からの人のほうが多かったのですが、韓国の方はここで辛そうなカップラーメンを多くの方が食べていました。

 

 

 添乗員の方もおいしそうだから一度食べてみたいと言っていましたが、寒い日には温かくて辛いラーメンはとても美味しいのではないでしょうか。

 

 最後にユングフラウヨッホに来た記念として、ここからポストに手紙を投函します。

 

 

 はがきや切手は売店にて販売されていて、手紙はユングフラウヨッホの記念押印がされて届きます。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯