スポンサードリンク

ティラーノまでバスで移動

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅の6日目は、サンモリッツからティラーノへ、ベルニナ特急に乗るためにバスで移動しました。

 

 サンモリッツからティラーノまでの距離は約58キロで、時間は1時間30分ほどです。

 

 サンモリッツを過ぎてポントレジーナを過ぎたところから、綺麗な山岳風景と変わっていきます。

 

 

 

 ビアンコ湖からの道はしばらくの間はつづれ折の道となりますが、バスは意外とハイペースの速度で走ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 バスでの移動ですが、ティラーノまでの道はベルニナ特急が走る路線に沿って走ることが多くありました。

 

 

 

 

 途中の休憩は白濁したビアンコ湖のほとりと、ベルニナ特急の見所でもあるループ橋のところです。

 

 ビアンコ湖のほとりにはホテル?があり、トイレもこちらで借りることができます。

 

 

ループ橋があるボスキアヴィーノ

 ビアンコ湖とは違い、綺麗な緑色のボスキアーヴォ湖を過ぎてしばらくしますと、ベルニナ特急の見所のループ橋があるボスキアヴィーノですが、こちらはバスが停まるようなスペースはあまりない駐車場にバスのドライバーが停めてくれましたので、ループ橋を見に行きました。

 

 

 そうしますと偶然にベルニナ特急がきましたので、ループ橋を上る列車を見ることができました。

 

 

 

 このループ橋の区間はとても期待される方も多いと思いますので、動画でその様子をお楽しみください。

 

国境を越えてイタリアのティラーノへ

 ループ橋があるボスキアヴィーノから再びバスに乗り、私たちはベルニナ特急に乗車するティラーノに向かいます。

 

 ティラーノはイタリアですから途中国境を越えるのですが、ただバスに乗車したまま越えるだけです。

 

 

 国境を越えますと徐々にイタリアらしくなる景色を楽しみます。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯