スポンサードリンク

シャモニーの街を散策観光

 阪急トラピクスのスイスアルプス4大名峰と4つの絶景列車の旅2日目はモンブランを見にエギュドミディに朝からロープウェイで上る予定でしたが、強風のため運休となっていました。

 

 10時にロープウェイの運行をどうするか発表するとのことで、それまで時間があるために添乗員の方がシャモニーの街の観光をしようと案内をしてくれました。

 

 

 観光を始めようとしましたら雨が降ってきましたので、傘を差しての観光です。

 

 

 シャモニーの街をロープウェイ乗り場の前から歩いて散策が始まりましたが、あいにくと雨が降ってきましたし、朝ということで街中は人がまばらでしたし、商店もあまり開いていませんでした。

 

 

 

 

 もちろんお土産屋も開いていませんので、ウインドーショッピングと歩くだけです。

 

 

 

 

 


 メインストリートもとても静かで人が歩いていない中を歩きますと、中心部にあるホテルなどの前もと通りますが、ココに泊まってみたいと思える高級そうなホテルもありました。

 

 サン・ミシェル教会では葬儀が行われていましたので、中に入ることは出来ませんでした。

 

 

 教会からソシュール広場に向かいますとモンブランの初登頂者バルマと、初登頂に賞金を出したジュネーヴの科学者ソシュールの像があります。

 

 バルマの指差す方向にはモンブランがありますが、残念ながら当日はモンブランの頂上は見ることが出来ませんでした。

 

 

 もちろんこの像の前では同じポーズで写真撮影をすることは必須です。

 

 

 

 

 ここからまたメイン通りに戻り、エギュドミディのロープウェイ乗り場に戻ります。


シャモニーでの昼食 Restaurant le Tetras

 エギュドミディの代わりにブレヴァン展望台に行って、シャモニーの街に戻ってきたら昼食です。

 

 メイン通りも通りましたが、朝とは違って人も多くとても賑わっていました。

 

 

 

 展望台のゴンドラ乗り場から歩いてシャモニー市内に入り、レストランに入りますが、レストランの正面からではなく、裏口から入ってしまいました。

 

 そのためレストランの名前が確認できなかったのですが、Restaurant le Tetrasという名前のレストランだと思います。

 

 

 レストランの正面から入ればもう少しイメージが良くなったと思うのですが、裏口から入ったことであまり良いイメージはありませんでした。

 

 

 ただし昼食で食べたラクレットのチーズの味は良かったです。

 

 

 

 私たち以外にも他の日本のツアー会社の団体の方もいて、ウエイターの方は日本語で飲み物の注文ができましたから、日本のツアーの利用が多いレストランだと思われます。

 

 ラクレットのヒーターはクラッシクで、添乗員の方がこのようなクラッシクなラクレットの機械は見たことが無いと言っていました。

 

 

 ラクレットは茹でたジャガイモに溶けたチーズをかけただけのものですが、これが本当に美味しかったです。

 

 

 サラダに生ハムなどのハム類、パンにデザートというシンプルなメニューでしたが、ビールと共にとても美味しく頂きました。

 

 

 とても美味しいチーズでしたから、ワインといっしょにも良かったかなと後で思いました。

 

 

 

 

 他のツアーの方はラクレットではないメニューのランチとなっていました。

 

 スイスはシンプルな料理が多いのですが、このラクレットは名物料理ということではなくても、チーズが良ければおいしい料理だと思いました。

 

 決して高級なレストランではありませんが、ここはチーズの美味しさで素人調査隊には合格でした。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯