スポンサードリンク

スイスの気温と服装

 スイスの観光地では日本の夏の服装で十分過ごせますが、朝晩には少し冷え込みますので薄手の上着が必要です。

 

 今回のグリンデルワルト滞在でも天気良かったのですが、夕方や朝は半そでの服では少し寒いかなといった状態でした。

 

 もちろんホテルの中のレストランでの食事は半そでで十分です。

 

 グリンデルワルトの7月8月の最低気温は10度ほどとなっていまして、天気が良ければ日中は30度ほどとなります。

 

 天気によって気温がかなり違ってきますので、服装は重ね着ができる用意が一番良いのではないでしょうか。

 

 私たちは半そでの上から長袖を1枚着たり脱いだりして調整していました。

 

 

 

 

ハイキングをしない方の服装

 グリンデルワルトからユングフラウヨッホに行かれる方でも、建物の屋外に出ないという方でしたら、それほど防寒着はいらないと思います。

 

 ユングフラウの頂上には屋内の施設が充実していて、外に出なくても十分に楽しむことができますので、長袖の上着があれば対応できると思います。

 

 私たちは屋外に出て氷河を見たいと思っていましたので、薄いダウンジャケットなどを持って行きましたが、天気が良かったのでかなり薄着でも十分でした。

 

 しかし天気が悪ければ気温は一桁の温度となりますし、夏でも雪ということもあると思います。

 

 ツエルマットからゴルナグラード展望台に行く方も同じで、天気の良い日や展望台であまり行動しないで屋内に入っているといった方でしたら、薄い上着でも対応ができますし、観光の方でそういった服装の方もいらっしゃいます。

 

 天気が悪ければ何も見えませんから、レストランや売店の中にいる方が快適ですから、それほど厚着でなくても良いということです。

 

 

 

 

ハイキングをする場合

 今回のスイス旅行で私たちは上はまずドライフィットのTシャツの上に半そでを着て、その上から薄い長袖を用意しました。

 

 あとは薄いダウンジャケットを用意しました。

 

 もちろん雨具としてはエントラントの上下を用意しましたので、ダウンジャケットが要らないような場合は雨具の上着を着るということも出来るようにしました。

 

 今回はローテンボーデンからリッフェベルクまで曇りの中歩きましたが、長袖の薄い上着か薄いジャケットで十分でした。

 

 実際にスイスに行って思ったのは日本の3000メートルの山、たとえば富士山に行く服装であれば十分だと思いますし、山ガールの服装で楽しむというのも良いのではないでしょうか。

 

 実際に行かれた方の写真を見て頂き、参考にしてください。

 

 

 

 


スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯