スポンサードリンク

スイスの時差と現在の時間について

日本とスイスの時差はマイナス8時間となっています。

 

日本にいてスイスの現在時間を計算する時は8時間戻した時間がスイスの現在の時間となります。

 

スイス旅行中に今の日本の時間を計算するには8時間プラスした時間が現在の日本の時間となります。

 

スイスには夏の期間にサマータイムが実施されます。

 

この時期になりますとスイスの時間は1時間進みますので日本との時差はマイナス7時間となります。

 

サマータイムは毎年3月の最終日曜日の午前2時から10月の最終日曜の午前3時までとなります。

スイスと日本の現在の時刻は次となります

スイスの時間

 

 

 

日本の時間

 

 

 

スイスの標準時は全域CET 中央ヨーロッパ時間となっています。

 

そのためジュネーブ、チューリッヒ、バーゼル、モントルー、インターラーケン 、ベルン、ルツェルンなど各地方でも同じ時間となっていますので時差も同じです。

--- スポンサードリンク ---

スイスまでの飛行時間について

日本からスイスに行く飛行機の最短時間は成田国際空港からチューリッヒ国際空港まで、スイス インターナショナル エアラインズが直行便を飛ばしていておよそ12時間30分程となっています。

 

調べた時点では成田空港を午前10時25分発でチューリッヒ空港は午後3時50分となっていました。

 

チューリッヒ近郊に宿泊でしたらホテルについて夕食後にゆっくりとベッドで寝ることができます。

 

それ以外の航空会社の場合はヨーロッパ内の空港で乗り継ぐことになります。

 

羽田空港からのスイス旅行はルフトハンザ航空に乗りフランクフルト経由でチューリッヒ空港という方法があります。

 

途中のフランクフルト空港までは11時間40分程でした。

 

フランクフルトからチューリッヒまでは55分程ですが乗継時間があります。

 

そのため総時間は14時間35分となりました。

時差ボケについて

スイス旅行の際は直行またはヨーロッパ内で乗り継ぎであれば夕方から夜にかけてスイス到着となりますので、到着した日はホテルのベッドでゆっくり寝ることができます。

 

そのため翌日からのスイス観光は時差ボケをまったく感じないでスイス旅行を楽しむことができました。

 

スイスからの帰国時も機内では旅行中の疲れによりとてもよく寝ることができます。

 

日本に帰国した日にも夜にしっかり寝ることができれば翌日から時差ボケを感じることは無いのではないでしょうか。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯