スポンサードリンク

エギュドミディへ昇るロープウェイが強風で運休

 阪急トラピクスのスイス・アルプス3大名峰と氷河特急の旅8日間の旅は、2日目は朝からエギュドミディにロープウェイで昇り、モンブランを見るという予定でした。

 

 朝から天気は曇りでしたが、エギュドミディは見ることが出来たためバスでホテルからロープウェイの乗り場近くの駐車場まで行き、そこから徒歩で乗り場まで移動しました。

 

 

 乗り場に着きますと多くの日本人観光客がいましたが、ロープウェイは強風で運休していました。

 

 乗り場付近はまったく無風で、強風による運休はまったく想像できませんでした。

 

 

 10時に再度ロープウェイの運行を検討するとのことでしたが、運休とのことで急遽私たちのツアーはブレバン展望台に行くことになりました。

 

 

 

 ブレヴァン展望台に行く際のチケットです。

ブレバン展望台に向かう

 ブレバン展望台はシャモニーの街外れにあり、徒歩でもいけるのですが、ゴンドラの乗り場の直前に結構急な上りの坂道があることから、バスに乗り行くことになりました。

 

 

 搭乗券は当日に添乗員の手配のようで、ブレバン展望台までのチケットを添乗員が購入して、中間駅まではゴンドラにて昇りました。

 

 

 こちらもシャモニーの街と同じでまったく風は吹いていなく、ゴンドラは快適に高度を上げます。

 

 

 

 中間駅にはカフェもあり、天気が良ければモンブランなどを眺めながら、ここでくつろぐのも良いなと思わせてくれるものでした。

 

 

 

 中間駅からは運転手が付くロープウェイとなり、人数がそれなりに集まりますと出発してくれます。

 

 

 私たちの場合はトレッキングをするグループと一緒になりましたので、すぐにロープウェイにて展望台まで向かうことができました。

 

 

 こちらもほとんど風は感じられずに、快適に高度を上げていきました。

 

 

 ここまで昇るのにかかった時間は30分ほどでした。

ブレバン展望台にて

 今日の天気予報は曇り時々晴れ、所により雨といった内容で、シャモニーの街では雨でしたが、展望台では曇りで時々日がさすといった天気でした。

 

 残念ながらモンブランは雲に隠れて見ることが出来ませんでしたが、行くことが出来なかったエギュドミディなどの景色は良く見ることができました。

 

 

 

 

 シャモニーの街を眼下に眺め、エギュドミディは以前に行ったこともあることと、高山植物などもある風景からここはここで結構良いのではと思いました。

 

 

 展望台頂上は標高が2525メートルですが、あまり寒さを感じませんでしたので、しばらくの間、山の景色を楽しむことができました。

 

 

 

 

 シャモニーに数日間滞在する方でしたらお勧めの展望台だと思います。

 

 頂上から中間駅までは快適そうな下りのトレッキングコースもあり、楽しんでいる方も多かったので、うらやましく感じました。

 

 

 モンブラン山群の景色を眺めながらトレッキングを楽しみ、中間駅のレストランでビールやワインを楽しみながらゆっくりとくつろぐなどということが出来たら最高だと思いました。

 

 

 

ブレバン展望台を下る

 ブレバン展望台の滞在は30分ほどだったと思います。

 

 

 

 

 それからロープウェイとゴンドラで一気に下って行きました。

 

 

 この後はシャモニーの街の中で昼食となっています。

 

 下のゴンドラの駅からは急な下り坂を下ってシャモニーの中心街へと徒歩で向かいます。

 

 

 結構な距離を歩きますが、周りの景色も楽しめるのでそれほど気にはなりませんでした。

 

 

 

 シャモニーの中心街を歩き、レストランに到着となります。


スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯