マジョレール観光について

マラケシュに滞在しての観光の朝一番はマジョレール観光に行きました。

 

 

フランス人のジャック・マジョエル氏が色々な植物を集めて造り上げ庭なのですが、その没後にこの庭を引き継いだのがサンローランとイヴ・サンローラン社の社長でもあったピエール・ベルジェということからも有名になったのです。

 

特にマジョレル・ブルーと言われる青い色がフォトジェニックということから人気が上がったようです。

 

たしかに私たちが訪問したマジョレールは某国のインスタ命といった雰囲気の方が着替えを持ち込んで撮影ポイントに陣取っていました。

 

 

 

そこまでするのかと思いましたが他の方のことを考えないのは国民性なのでしょうか。

 

そこまでしなくてもと思える私たちでしたから笑って公園内を散策していました。

 

朝一番で入園した時からどんどん入場者が増えてきていましたので人気の観光地なのですね。

 

 

 

 

トイレの色もマジョレル・ブルーでした。

 

 

 

建物にはカフェがありました。

 

 

ショップもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

イヴ・サンローランの展示もありました。

 

 

 

 

 

 

 

バヒア宮殿の観光

バスに乗りバヒア宮殿に向かいます。

 

宮殿の手前でバスを降りて向かいましたが途中の道にある商店も色々なものが並んでいて楽しませてもらいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮殿の入り口の入場券売り場は多くの人が並んでいましたが、団体の入場券はその横の窓口で現地ガイドが購入しましたのですぐに入場することができました。

 

 

宮殿は宮廷の高官が4人の奥様と多くの愛人のために建てたもので、それぞれの方のための部屋の装飾が違うのが興味深かったです。

 

ちなみにバヒアという名前は一番気に入っていた2番目の奥様と添乗員の方が説明してくれました。

 

愛人は当時の奴隷から選んだ方とのことで、愛人にも子供が生まれたことから宮殿内にも学校があったそうです。

 

素晴らしい各部屋の装飾をみていますと、権力があった宮廷の高官がその奥様のためにどれだけの思いを持って仕事をさせたという違いも少し感じられるのです。

 

下世話な話は別として現地ガイドの案内で迷路の様なルートで宮殿内を観光しました。

 

現地ガイドも1か所迷って違い所に入ってしまったので引き返したのはご愛敬でした。

 

 










 

観光後は再び外に出て次の観光地に向かいます。

 

再び商店街を楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーディン王朝の廟墓観光

こちらも歩いて町の中を歩いて向かいます。

 

またまた道の商店街は売っているものが面白いものがありました。

 

こちらも入場券を購入して中に入りましたが、そこには順番を待つとても長い列ができていました。

 

 

 

 

 

廟墓は入り口を少し入ったところから中を眺めるだけなのですが、じっくりと眺めている方も多いのでなかなか順番が来ませんでした。

 

 

スタッフが居てあまり長いと早くしろと言ってくれていたのですが結局見ることができたのは25分後でした。

 

確かに廟墓の中の装飾はすばらしかったのですが、天気の良い日向での待ち時間で日焼けしてしまいました。

 

入場まで待つ場所にも猫が居てエサを欲しいとねだっていました。

 

 

 

わたしたちの現地ガイドはまた猫にチーズをあげて猫が待っている私たちのそばに呼んでいましたし、別のツアーのガイドもエサを与えて猫をツアーの列近くまで呼んでいました。

 

こちらが廟墓の内部の様子です。

 

 

 

 

 

 

昼間のジャマエルフナ広場

ジャマルフナ広場に昼間に行きましたが、目についたのはフルーツを販売している屋台でした。

 

 

 

 

 

ジャマルフナ広場に隣接した市場の中もガイドの方の案内で巡りました。

 

 

 

 

 

 

 

狭い道の両側にはいろいろな商店が並んでいます。

 

自由時間も少しありましたがこの後ランチとなりますので飲んだり食べたりは控えました。

 

完全に観光地化していますがたまにローカルの方もショッピングされていました。

 

 

 

 

 

 

 

ランチについて

今日のランチはル マラケシュ Le Marlcechというイタリアンレストランでした。

 

 

 

 

 

 

 

こちらでピザのランチでしたが、タジン料理に飽きていたのでとても美味しく感じてしまいました。

 

サラダはモロッコの新鮮な野菜が美味しかったですね。

 

 

ピザはトッピングが1種類では味が単調になるからとチキンとケプタの2種類のトッピングのピザでした。

 

 

デザートはアイスクリームです。

 

 

もちろん赤ワインも頂きましたがハーフワインで140ディルハムでした。

 

夜のジャマエルフナ広場

夕方からジャマエルフナ広場に再度いきました。

 

ツアーには広場に面したカフェの2階から広場をミントティーなどを飲んで楽しむといったことがセットされていました。

 

眺めの良い一番前の席は空いていませんが、しばらく待って席が空きましたら移動してゆっくり見ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の広場は飲食の屋台がたくさん出ています。

 

残念だったのは屋台のほとんどがLEDの照明なのですが、明るくしたいためか白色のLEDのため旅行ガイドブックにあった電灯のオレンジかかった色ではなかったことです。

 

屋台は肉系の料理と魚系の料理を出すところがあり、どの屋台も客引きが居てしきりに食事をしないかと誘ってきます。

 

屋台で驚いたのはヤギの頭が並べられていて脳みそが置かれているのです。

 

 

脳みそは焼いて食べるそうです。

 

屋台で食べているのはやはり観光客の人ばかりでした。

 

 

 

 

この屋台では観光客はボラレルという事を見たことがあります。

 

たしかにモロッコ観光で感じたのは観光客であればこの程度の価格は支払えるという価格を提示されるということです。

 

そのため買い物の際には言われた価格の7割ほどの割引はどうかと聞いていました。

 

最初から引いてある値段だから無理と言われるのですが、だったら要らないというと慌てて価格を下げてきます。

 

ジャマエルフナ広場の食事をする屋台でも勝手に料理を追加されて支払いを要求されたり、定価よりも高い価格をふっかけられるというトラブルもあるようです。

 

それに物売りもしつこくて要らないと何度も言っても食い下がりません。

 

中には無理にふところに入れようとする物売りもいました。

 

大道芸人もいましたが興味を惹かれることはありませんでしたので写真を撮りませんでした。

 

もちろん写真を撮りますとお金を支払わなければなりません。

 

とても人が多く活気があるイスラムを感じる屋台村という観点では面白いと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様子がわかる動画はこちらになります。

 

 

市内の馬車観光

帰国日の午前中はフリータイムでしたので市内の馬車観光を楽しみました。

 

ホテルの前からジャマエルフナ広場の近くを通りぐるりと廻って戻ってくるというコースです。

 

料金は一人50ディルハムということでしたが、ツアー参加者全員が乗ることになりましたら乗車料金はツアー会社持ちとなりました。

 

フレンドツアーには添乗員の判断でサービスに使える予算があるのですが、今回はここで使ったのです。

 

馬車に乗った感想は主要な観光場所は見ることが出来ませんが町の中を馬車で楽しむのがメインといったことです。

 

マラケシュは車が多いことから道路を馬車が走っているのは大変だなと思います。

 

個人的には観光地もそれほど見ることができないので乗らなくても良いかなと思います。

 

 

 

 

 

 

ザ レッド ハウスでのディナー

5つ星ホテルのホテル ザ レッド ハウスマラケシュのレストランでのディナーでした。

 

 

ツアーで最後のディナーらしく地元で人気のレストランでのディナーです。

 

毎日こういったレストランでのディナーが食べたいと思える雰囲気の良いところでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

前菜

 

 

 

グリルチキンのリゾット添え

 

 

 

 

 

最後はクレームブリュレのデザートです。

 

レストランでは生演奏も行われていました。

 

 

とても美味しくて満足なディナーでした。





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ