料理について

実は我が家はモロッコの料理についてあまり知識が無い状態で観光しましたので正直にいいますと食事には期待していませんでした。

 

ヨーロッパ旅行しかしたことがないので食事が口にあわなくてまずくてもそれはそれで面白いと考えていました。

 

今回のモロッコツアーで一番感じたことは野菜や果物が新鮮でおいしいということです。

 

モロッコ旅行に行かれた方のブログで添乗員から生野菜を食べてはいけないと言われたとか、気を付けていても下痢になってしまったという記事を見たことがあります。

 

このことを今回のモロッコに何回も来ている添乗員に聞きましたらそのようなことはなく、モロッコで生野菜などをいつも食べているけれどもお腹の調子が悪くなったことは無いとのことでした。

 

確かにローカルの市場に行きますとハエがたかった果物の生ジュースやドライフルーツやお菓子が販売されていました。

 

こういったものに注意すれば良いのではないかと思いました。

 

料理でおいしくないと感じたのはタジン料理のビーフの肉が赤身肉のためかとてもパサパサしていてコンビーフの様に感じることがあったことです。

 

ベルベルスープの味も色々ありましたが中には味のコクが無いものもありました。

 

モロッコ人には味噌汁の様な存在のベルベルスープだそうですが、味もレストランによって様々でした。

 

あるレストランでスープが出された際に添乗員の方が「ほんだし」をくれました。

 

これを入れるとおいしくなると言われたので入れて食べましたら本当に美味しいスープに大変身したのです。

 

一緒に食事をしていた現地ガイドもほんだしが入ったベルベルスープの味を絶賛していました。

 

モロッコ料理はスパイスが多数使用されているのですが味が全体的にやさしいのでそう感じてしまうのかもしれません。

 

モロッコ旅行には「ほんだし」を持って行きましょう

実際の料理について夕食編

今回のモロッコ旅行はディナーで食べ放題のビュッフェ形式の食事が何度もありました。

 

ビュッフェ料理では新鮮な野菜の料理が美味しかったですし、タジン料理も多かったのです。

 

ラバトのファラーホテルラバトの料理

 

食事はビュッフェ形式となっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャウエンのリアド ダルバ シディ&スパの料理

 

こちらもビュッフェ形式でしたが、あまり広くないレストランですからしょうがないのですが混んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェズのパレ オメヤド スイート & スパ

 

ディナーはビュッフェではなくコース料理となっていました。

 

2連泊での料理です。

 

1日目のメニューは次となっていました。

 

かぼちゃのスープ

 

 

 

スズキのグリル

 

 

 

レモンタルト

 

 

 

久しぶりのコース料理でスズキも癖が無く美味しく頂きました。

 

 

2日目のメニューは次となっていました。

 

シーザーサラダ

 

 

 

ビーフステーキ

 

 

 

サンミシェルケーキ

 

 

新鮮で美味しい野菜はモロッコ旅行で食べていましたが、味が今までのサラダとは違うシーザードレッシングが美味しく感じました。

 

牛は赤身ですが思ったよりも柔らかいので美味しく頂きました。

 

 

メルズーカの砂漠ホテルのオーベルジュドスッド

 

砂漠に隣接したホテルのビュッフェ形式の食事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食事の時間となりましたので混んできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワルザザートのベルベルパレス

 

夕食はホテル内にありますイタリアンレストランでした。

 

料理はトマトのカプレーゼとハムの前菜で始まりました。

 

 

 

メインはステーキのパスタ添えとなっています。

 

 

 

デザートはティラミスでしたが冷凍されたものを解凍したものの様で、ケーキの中は一部まだ凍っている状態で残念でした。

 

 

 

 

マラケシュのル メリディアン エンフィス

 

2泊したのですが1泊目はホテルのビュッフェレストランでした。

 

利用者は私たちツアーだけでしたが、料理の内容は朝食と変わらないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タジン料理はどうだとスタッフがフタをオープンしてくれました。

 

 

 

 

 

マラケシュのレストランのザ レッド ハウスでのディナー

 

5つ星ホテルのホテル ザ レッド ハウスマラケシュのレストランでのディナーでした。

 

とても雰囲気の良いレストランで最後のディナーにふさわしいところでした。

 

前菜

 

 

 

グリルチキンのリゾット添え

 

 

 

 

 

最後はクレームブリュレのデザートです。

 

とても美味しくて満足なディナーでした。

朝食編

ホテルの朝食はすべてのホテルがビュッフェとなっていました。

 

ホテルのランクによって料理のレベルは違うと思いました。

 

モロッコではヨーロッパのホテルよりも新鮮な野菜や果物を頂くことができたので良かったと思いました。

 

ラバトのファラーホテルラバトの料理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャウエンのリアド ダルバ シディ&スパの料理

 

豚肉ではないハムやウインナーの味も慣れてきましたので美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェズのパレ オメヤド スイート & スパ

 

料理の種類はそれほど多くありませんが、チーズとハムを挟んで焼いたホットサンドは美味しく頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メルズーカの砂漠ホテルのオーベルジュドスッド

 

朝食は料理の品数も少なく、料理も混んでいて取れない状況であったことから旅行中で一番良くない評価となったものでした。

 

朝食の写真はメイン料の所は人だかりがすごくて撮ることが出来ませんでした。

 

朝食はサラダに少しだけ残っていた卵料理だけしかメインは取れませんでしたので、後は簡単に取れたパンとバナナとオレンジにヨーグルトだけとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワルザザートのベルベルパレス

 

モロッコでは宗教上の関係で豚肉を食べないそうですが、このホテルには朝食に豚肉のベーコンとソーセージがあり美味しく頂くことができました。

 

 

自分の好みの具材でオムレツと焼きたてのパンケーキを作ってくれるコーナーがありましたが、担当のおばさんが一度引っ込んだらなかなか出てきませんでした。

 

 

ビュッフェの料理の種類は5つ星ホテルとしてはとても少ないのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マラケシュのル メリディアン エンフィス

 

フルーツの種類は多かったのですが、サラダの野菜の種類は少ない方だと感じました。

 

 

 

フレッシュジュースにはビーツやキュウリのジュースもありました。

 

 

2連泊でしたので2回利用しましたが料理の内容は同じものでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

砂漠のホテルを除けばそれなりの美味しい朝食だったとおもいます。

 

ランチ編

阪神航空フレンドツアーでのランチの料理は次とようになっていました。

 

メクネスでのランチ

 

レストランはCollier de la Colombeでこちらは日本のツアーでよく使われるレストランの様です。

 

 

前菜はモロッコ風サラダ

 

 

 

 

牛肉のクスクス

 

 

 

 

クレープ

 

 

 

ランチでもグレーワインを頂きました。

 

 

 

レストランはイスラム建築のおしゃれなレストランで当日の利用客は私たちだけでしたからゆっくりと食べることができました。

 

 

シャウエンでのランチ

 

バブ・ソールrestaurant beldi bab ssourというレストランに行きました。

 

料理はまずはソラマメのスープでした。

 

 

 

 

 

メインメニューはチキンと牛の炭焼のケバブ料理でした。

 

 

 

牛のケバブは美味しいと個人的には思いました。

 

デザートはイナゴマメのはちみつ入りヨーグルトです。

 

 

こちらのレストランにはアルコール類がありませんでしたのでザクロジュースを頂きました。

 

 

 

 

フェズのRestaurant Marocain

 

まずは定番のモロッコ野菜の前菜からはじまります。

 

 

 

 

 

タジンはチキンか魚のタジンを選ぶことができました。

 

魚のタジン料理はスパイシーな味で野菜も多く美味しかったです。

 

 

 

 

チキンは塩レモンの味付けでボリュームは魚ほどありませんでしたが、おかわりができますので問題ありません。

 

 

 

 

デザートはオレンジとリンゴとザクロでした。

 

 

こちらにもアルコール類はありませんでしたのでミネラルウォーターを飲んでいました。

 

 

ミデルトでのランチ

 

ホテルカスバアスマ(Hotel Kasbah Asmaa)のレストランでのランチです。

 

ランチの料理の内容は次となっています。

 

 

ポタージュスープ

 

 

 

鱒のホイル焼き

 

 

 

 

 

アップルタルト

 

 

グレーワインがありませんでしたのでロゼワインを頂きました。

 

 

 

 

チンダッドでのランチ

 

ホテルのムウベルベレオーベルジュのレストランで頂きました。

 

ハリラスープ

 

 

ホットサラダ

 

 

トマトと卵のケフタタジン

 

 

 

オレンジ

 

 

 

 

アイトベンハッツドウーでのランチ

 

ランチの場所はリアド クサール イグンダ ホテルのレストランでした。

 

ベルベルスープ

 

 

 

ビーフタジンはプルーンとナツメヤシの味が相まって美味しかったです。

 

 

 

ベルベルオムレツ

 

 

デザートはフルーツサラダです。

 

 

 

 

マラケシュでのランチ

 

ル マラケシュ Le Marlcechというイタリアンレストランでした。

 

サラダはモロッコの新鮮な野菜が美味しかったですね。

 

 

ピザはトッピングが1種類では味が単調になるからとチキンとケプタの2種類のトッピングのピザでした。

 

 

デザートはアイスクリームです。

 

 

 

阪神航空フレンドツアーでのモロッコ旅行で頂いた料理は以上となります。

 

食事は期待していなかったので思いのほか良かったというのが正直な感想です。





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ