ビジネスクラスの座席について

今回のモロッコへの観光はカタール航空の利用で羽田からドーハ経由でカサブランカ空港といった路線の全区間をビジスクラスで楽しみました。

 

羽田からのドーハへの機材はA350-1000型でした。

 

実は出発前に機材変更の連絡がありQスイートの機材ではないと言われたのですが、当日のチェックインカウンターに行きますと急遽機材がA350-1000型に変わったとのことでした。

 

そのためシート配列が「1-2-1」の配列となった46席のビジネスクラスの席を楽しませてもらいました。

 

エアバスA350-1000のビジネスクラスのシートのサイズは次となります。

 

実際にA350-1000のビジネスクラスのシートを利用した感想は、個室感はとてもありますがそれほど広いといったシート周りではありませんでした。

 

 

 

 

 

 

進行方向向きの席は隣との席の合間に仕切りがしっかりあります。

 

 

 

サイズは次となります。

 

シートピッチ 261cm

 

シート幅 53cm

 

ベッドとして利用する時のベッドの長さ
201cm

 

 

そしてドーハからカサブランカの機材はボーイング777-300ERでした。

 

こちらもQスイートとなっていまして座席の様子はエアバスA350-1000とほぼ同じでした。

 

帰国時のカサブランカからドーハの機材はボーイング777-200でした。

 

ビジネスクラスはQスイートではなく、シェル型のフルフラットシートです。

 

シート配列は「2-2-2」の配列となっています。

 

窓際の列も2席が並んでいるので、ベッドとして利用している時には窓際の席から通路に出る場合には通路側のベッドをまたがなければならないのが難点でした。

 

 

 

 

 

 

 

サイズは次となります。

 

シートピッチ 198cm

 

シート幅 56cm

 

全席の背面にあるモニターは17インチと大型なのですが、かなり足元が広いので遠く感じてしまいました。

 

Qスイートではなくてもパジャマはもらえますので着替えてフルフラットベッドで寝ることができます。

 

ドーハから羽田の機材はエアバスA350-900でした。

 

Qスイートですが今回は後ろ向きに座る席でしたから、真ん中の2席の間の間仕切りはしっかりと下がる様になっていますので、隣とのコミュニケーションがとても取りやすくなっています。

 

 

ベッドにしますとダブルベッドの様な外観となります。

 

 

 

 

寝る時にはベッドパットを敷いてもらえますし、枕カバーも付けてくれます。

アメニティについて

ビジネスクラスのアメニティはイタリア・ミラノの老舗旅行鞄メーカーのBRIC’S(ブリックス)のポシェットに入っています。

 

中身はアイマスク、靴下、耳栓、リップクリーム、スキンクリーム・フェイシャルミストが入っています。

 

行きの機内でもらったものは乾燥したカサブランカ旅行中で使わせてもらいました。

 

パジャマはどの区間でも持ってきてくれましたが、サイズはCAが乗客を見てからサイズを決めて持ってきてくれていました。

 

身長175センチの私はMサイズがぴったりで、Lサイズでは大きすぎました。

 

往路でもらったパジャマは旅行中のパジャマとして使えますので便利です。

 

 

 

 

 

エンターテイメントについて

日系の航空会社ではないと機内で見る日本語の映画が少ないのではないかと心配していましたが、日本語で楽しめる映画の数は日系の航空会社と変わらないと思いました。

 

コントローラーで言語を日本語として映画を選べば簡単に見つけることができます。

 

おかげで往復の機内で6本もの映画を見てしまいました。

 

 

機内食について

 

羽田からドーハは深夜発の便ですから搭乗してすぐにはしっかり食事をすることができませんでした。

 

またドーハ着は朝ですから朝食を頂きました。

 

基本的に食事は好きな時間にできますが、搭乗してすぐの食事はオーダーを取りにきてくれます。

 

羽田からドーハ間のメニューは次となっていました。

 

もちろん日本語のメニューもありますが、日本語メニューを指差ししてオーダーするのは日本人以外のCAにはわかりにくい様でしたので、英語メニューを指差ししましたらよくわかってもらえました。

 

英語が不得手の方には英語メニューの指差し注文がおすすめです。

 

アラカルト

 

スープ

サツマイモと生姜
ホイップクリーム

 

 

前菜

 

特製アラビアメッツエ

ホンモス、タップーレ、モウタバル、アラビアピタパン

 

ホタテのグリルと枝豆のピューレ

タラコ、野菜のサルサ、レモンウェッジのグリル

 

 

メイン

 

チキンコフタ、ビーフン入りライス

野菜のサローナ、揚げ玉ねぎ、レーズン、カシューナッツ、レイタ

 

ハーブ風味のベイクドサーモン、オリーブ、トマトソース

マッシュポテト、シャロット、ベビーキャロット、サヤエンドウ

 

カボチャのロースト、カリフラワーのクスクス

カボチャのピューレ、ベシャメル、アスパラガス、パインナッツのロースト

 

パン

アーティサンブレッド各種

 

パンや料理を上質なオリーブオイルと共にお召し上がりください。

 

モンテヴィアーノのオリーブオイルには、バルサミコ酢、トマトチリ、スパイシーレモン、ザクロのいずれかをお好みで合わせていただけます。

 

チーズプレート

モントレージャック、ミモレット、シャンピニオンカンボゾーラ
フルーツジェリー、クラッカー

 

デザート

マロンケーキ
バニラソース

 

 

フレッシュベリーとローズウォーターシロップ

 

グルメアイスクリーム

 

 

軽食

 

ミックスガーデンサラダ

ドレッシングにはバルサミコ酢、トマトチリ、スパイシーレモン、ザクロのいずれかをお好みで合わせていただけます

 

 

 

朝食

 

フレッシュオレンジジュース

 

リンゴとセロリのジュース

 

スターター
フルーツプラッター

 

 

ギリシャヨーグルト、柚子とオレンジのコンポート、ナッツ入りグラノーラのトースト

 

 

シリアル各種

ケロッグコーンフレークもしくはウィータビックス

 

 

冷製プラッター

スモークサーモン、エメンタルチーズ、チェリートマト、玉ねぎのピクルス、ゆで卵

 

 

メイン

 

ポーチドエッグ、オタンディーズソース

牛肉とポテトのガレット、ほうれん草のバター炒め、シチリアトマト

 

ココナッツオートミール、チアシード入りクリームハニー、ラズベリー

 

パン

ベーカリー各種

 

 

 

和食懐石

 

 

ディナー
前菜

海老の煮物、干し柿のミルフィーユ
鴨ミンチ入り玉子焼き、イカのボイル、ミックスベジタブル、大根のピクルス

 

お吸い物

 

台の物

牛肉のすき焼き、もしくは鯛の柚庵焼きから一品
豆腐、ニンジン、ほうれん草、しいたけ、おにぎり

 

添え物

昆布大根、ミブナの漬物、柴漬け

 

朝食

 

前菜

鮭、ニラ玉子焼き、大根おろし
辛子明太子、ゴマ入りほうれん草のおひたし

 

味噌汁

 

台の物

サバのグリル、もしくはチキンの大根おろし掛けから一品
揚げ豆腐、ニンジン
サヤエンドウ、ゴマ入りおにぎり

 

添え物

漬物

 

 

 

軽食

 

お寿司各種

ガリ、ワサビ、醤油

 

 

 

これ以外にもスナックメニューがあります。

 

映画を見ながらビールやワインのおつまみに最高です。

 

海苔鮭

 

胡麻豆腐のうまだしゼリー掛け

 

焼き鳥

 

海老のケイジャン風味

 

野菜ロールのグリル

 

フレッシュイチゴのチョコレート掛け

 

 

ワインはボルドーのシャトー・コルバン ミショットがありましたので頂きました。

 

フランスのサンテミリオン地区でグラン・クリュという評価の非常に高い格付けを受けているワイン銘柄です。

 

日本での価格は6,000円ほどとなっているもので、パーカーポイント90点です。

 

 

 

ドーハからカサブランカまでのメニューは英語とアラビア語となります。

 

ドーハ発は午前7時15分でカサブランカ着が午後1時30分ですから朝食とランチを機内で食べるメニューとなります。

 

日本語に訳すとメニューは次となります。

 

アラカルト

 

ブレクファスト

 

フレッシュオレンジジュース

 

フルーツスムージー

 

スターターズ

 

季節カットフルーツのプレート

 

 

ギリシャヨーグルト、マンゴー、パッションフルーツコンポート、ナッツ入りグラノーラのトースト

 

シリアル各種

ケロッグコーンフレークもしくはウィータビックス

 

冷製プラッター各種

ビートルートのピクルス、チェダーチーズ、クリームチーズ、湯通しケール

 

 

メイン

 

伝統的アラビア風朝食

フェタチーズ、キュウリ、トマト、オリーブ、パリラ、アラビアピタパン

 

 

 

レッドオニオンとチキンとスモークターキーソーセージのオムレツ

グリルしたトマト、アスパラガス、ポートベロマッシュルーム

 

スティール カット オーツのベリーとクリーム添え

 

ブレッド

朝食ベーカリーのセレクション

 

ライトオプション

 

ミックスガーデンサラダ

ドレッシングにはバルサミコ酢、トマトチリ、スパイシーレモン、ザクロのいずれかをお好みで合わせていただけます

 

コテージパイ

バターブリオッシュ

 

アフタヌーンティー

フレッシュフィンガーサンドイッチ、温かいスコーン、クロテッドクリーム、フランスのペストリー

 

 

 

ミニスライダー

ビーフとチキンのバーガーと分厚いチップス

 

 

チーズプレート

ノルマンディー・カマンベール、ラトランドレッド、アルガウブルー、クラッカー、オレンジマーマレード

 

 

 

帰国時のカサブランカからドーハまでの機内食のメニューは次となっています。

 

カサブランカから出発は午後7時55分でドーハ着が午前5時となりますので夕食と朝食に対応したメニューとなります。

 

メニューの記載は英語とアラビア語で、日本語に訳すと次となります。

 

 

アラカルト

 

スープ

レンティル(レンズ豆のスープ)

 

前菜
特製のメゼ

フムス、モロッコのシャクシュカ、ザアルック(モロッコ風サラダ)

 

スモークサーモンとクリームチーズ

ケーパーとパールオニオン

 

 

メイン

 

レモンフレバーのジュでマリネした鶏胸肉

クミンプラオ(ピラフ)とソテーした野菜添え

 

タラの切り身とチェルムーラソース

ローストした新じゃが、ペッパーとオリーブ

 

野菜タジン

ドライフルーツクスクスとアメ色になるまでじっくり炒めた玉ネギ

 

 

ブレッド
職人のパンのセレクション

 

 

チーズプレート

エメンタルチーズ、ブリーチーズ、ロックフォール
クラッカーとイチジクのチャツネ

 

 

デザート
アップルタルト

バニラソース

 

季節の新鮮なフルーツとシナモンシュガーシロップ

 

 

グルメアイスクリームセレクション

 

 

軽いブレクファスト

 

フレッシュオレンジジュース

 

グリーンアップルとセロリジュース

 

季節のカットフルーツのプレート

 

ギリシャヨーグルト、ピーチコンポート、トーストグラノーラとナッツ

 

シリアル各種

ケロッグコーンフレークもしくはウィータビックス

 

牛ミンチのオムレツ

ローストハーブポテト、アスパラガスとトマトソース

 

ススティール カット オーツのベリーとクリーム添え

 

コンチネンタルブレクファスト

フレッシュオレンジジュース、季節の新鮮なフルーツ、温かなブレクファストペーストリー、紅茶またはコーヒー

 

ブレッド

ブレクファストベーカリのセレクション

 

 

スナックプラッター

 

ポーチドタラの切り身

 

シューパンと野菜のジャルフレジ

 

パン粉衣の海老を詰めたクラブケーキ

 

 

ターキーとモッツアレラのインボルティーニ

 

ゴートチーズとフェタチーズを詰めた地中海野菜

 

アーモンドとミルクチョコレート

 

 

ドーハから羽田便の機内食メニューは日本語表示もあります。

 

ドーハを朝出発して夜に羽田空港到着となりますので、それに対応したメニューとなっています。

 

 

アラカルト

 

朝食
フレッシュオレンジジュース
フルーツスムージー

 

スターター
フルーツプラッター

 

ギリシャヨーグルト、パイナップルコンポート、ナッツ入りグラノーラのトースト

 

シリアル各種

ケロッグコーンフレークもしくはウィータビックス

 

冷製プラッター各種

ビートルートのピクルス、チェダーチーズ、クリームチーズ、ケールの湯通し

 

メイン

 

伝統的アラビア風朝食

フェタチーズ、キュウリ、トマト、オリーブ、パリラ、アラビアピタパン

 

エメンタルチーズとネギのオムレツ、チキン、スモークターキーのソーセージ

トマトのグリル、マッシュルームとアスパラガス、スチールカットオーツ、ベリーとクリーム添え

 

パン

ベーカリー各種

 

朝食

 

ミックスガーデンサラダ

ドレッシングをバルサミコ酢、トマトチリ、スパイシーレモン、ザクロからお選びいただけます

 

 

ミニスライダー

ビーフとチキンのバーガー、チャンキーチップス

 

 

和食懐石

 

朝食
前菜

カニ入り卵焼き、エビの煮物、ハマチの塩焼き、ニンジン、はじかみ

 

味噌汁

ワカメとネギ

 

台の物

鮭の味噌焼き
もしくは牛肉のすき焼き
野菜の煮物とご飯

 

添え物

海苔、醤油、漬物

 

 

軽食

 

お寿司各種

ガリ、ワサビ、醤油
味噌汁

 

 

 

牛肉のオイスターソース炒め、チャーハン

アジア野菜とチリガーリックソース

 

ビジネスクラスラウンジについて

往路の羽田発カタール航空のQR813便はハマド(ドーハ)着からカサブランカのムハンマド5世国際空港行きのQR1397便の乗り継ぎ時間が1時間ほどしかありませんので、ドーハに着きますと係員が待っていてすぐに搭乗口まで誘導されることからビジネスクラスのラウンジを使用することが出来ません。

 

復路はドーハでの乗り継ぎ時間が2時間ほどありましたので1時間ほどはラウンジを利用できました。

羽田空港のラウンジ

羽田空港にはカタール航空専用ラウンジがありませんのでJALのサクララウンジを利用するのですが、今回は工事中で使えないということからSKY LOUNGE ANNEXを利用しました。

 

 

通常であればSKY LOUNGE ANNEXは上級カード会員向けのラウンジですが、JALのラウンジとなっていましたので内容はサクララウンジと同じではないでしょうか。

 

私たちは日曜日の午後10時にラウンジに行きましたがかなりの利用者で賑わっていました。

 

 

 

シャワー設備の利用も混んでいるとのことで利用は10時45分頃になるとの案内でした。

 

夕食はすでに空港内のレストランで済ませてありましたので、搭乗口に行くまでラウンジでシャンパンやワインを飲みながらつまむといった事をしようと思って行きました。

 

春巻きは美味しいので人気があり新しく出されますとすぐに無くなってしまいます。

 

 

 

 

穴子の手毬寿司は美味しそうです。

 

 

JALで人気のカレーは多くの人が食べていましたので少量ですが食べてみました。

 

 

 

ラップサンドも美味しそうです。

 

 

夕食はレストランで食べずにこちらでカレーとサラダにシュウマイと春巻きを食べればよかったと思いました。

 

 

タイ焼きは冷たくなっていましたので残念でした。

 

 

赤ワインはフランスのアルベール・ビショーのコトー・ブルギニヨン2014を頂きました。

 

ガメイとピノ・ノワールを使用した、複雑なアロマとフレッシュな果実味を楽しめる赤ワインだそうで1本2,500円程度のものです。

 

もう一本はスペインのワインのmerinas organic tempranilloです。

 

 

泡も頂きましたがvallformosa classic brut natureでした。

 

 

スペインのカバですがサクララウンジでは常連の格安な泡系のようです。

 

JALのラウンジはリーズナブルなワインが多いようです。

 

ウイスキーは日本のものがあればうれしかったのですが、残念ながらありませんでした。

 

1時間ほど利用しましたがこの後ビジネスクラスに搭乗しますとまた食事のサービスがありますので、ほどほどの量しか飲食しませんでした。

 

6ヶ月前に利用した成田空港のANAラウンジと比べますとANAの方が良かったなと個人的には思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カサブランカ空港のラウンジ

カサブランカのムハンマド5世国際空港でもラウンジを利用しましたが、これがビジネスラウンジと思える内容のラウンジでした。

 

Zenith Loungeというそうですがムハンマド5世国際空港ではPEARL LOUNGEを利用するものと思っていました。

 

 

 

VIPラウンジに入りますとまずは豪華な雰囲気の無い待合室があり、その奥にはドリンクとパンなどの軽食のみが置いてある部屋がありますが、VIPの表示にふさわしくないとてもさみしい内容です。

 

 

 

 

驚いたのはパンなどにハエがたかっているのですが、スタッフは気にならないのか知らんふりでした。

 

おかげでそれらには手を付けるきにはなりませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

2階にはバーがあり、そこからは滑走路も見ることができる眺望となっています。

 

 

 

 

バーコーナーにはつまみなどはいっさい無く、スタッフにビールを頼みますと缶ビールを渡されました。

 

 

モロッコで一番ポピュラーなビールのフラッグという銘柄なのですが、注ぐグラスは自分で用意しろというのか、缶から飲めというのか分かりませんが、味気ないビールの味が益々薄く感じてしまいました。

 

 

ワインもグラスに注いでもらったものをもらうのですが、こちらもめんどくさそうに対応されました。

 

パールラウンジを利用したかったと強く感じました。

ドーハのラウンジについて

豪華で人気が高いカタール航空のビジネスクラス利用者が利用できるラウンジに行ってみました。

 

ドーハ到着が午前5時ということもありラウンジはとても空いていました。

 

到着前に機内で朝食も頂きましたので実際の利用は飲み物を飲んだだけでした。

 

くつろぐ場所以外に食事ができるレストランの様な場所もありましたが、こちらの利用者もとても少なかったのです。

 

 

 

出されているものも朝食に軽く頂くといったものでした。

 

私たちが滞在した1階のラウンジに接続したレストラン部にはホットミールが見当たりませんでしたし、パンもカウンターの中にありましたので注文して出してもらうのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

今回は乗り継ぎ時間が2時間ほどしかありませんでしたのでラウンジは30分ほど飲み物を頂く時間しか利用しませんでした。

 

とても広いラウンジなのですが、飲み物だけはセルフで頂けるコーナーが何か所も設置されていましたのでとても便利でした。

 

 

 

ラウンジから下に眺めることができる免税店を見ていましたらショッピングがしたくなりましたので早々に出てしまいました。

 

 

ランチやディナー時に利用してみたい素敵なラウンジでした。

 

 

 

 

 

 

 



サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ