メルズーカからチンダッドへ

砂漠のホテルから4WDに乗りバスが待っているエルフードまで朝食後に向かいました。

 

ラクダ観光後すぐに朝食でホテル発は午前9時30分でした。

 

今日は1泊分の荷物を持って来ている状態でしたから、ラクダツアーの寒さ対策した服装から防寒着を脱ぐだけのため食事後はすぐに支度ができます。

 

それでも砂漠のラクダツアーからホテルに戻ったのが午前8時30分ですから出発までには1時間しかなく、忙しかったのも事実です。

 

今日は途中でトドラ渓谷観光がありますが、エルフードからワルザザートまでの移動がメインの日となっています。

 

移動距離はエルフードからトドラ渓谷までが155キロ、そこからワルザザートまでが183キロとなっています。

 

 

乾燥した場所の道路を走っていますと砂が舞って大変です。

 

様子は動画を見てください。

 

 

砂漠地帯をひた走る道ですが道の両端にはモロッコの灌漑施設の地下水道溝カッターラを見学します。

 

見学用にできた土産店併設の施設もありましたが、私たちのバスは何もないポツンとあるカッターラの場所で停車しました。

 

カッターラとはモロッコで1200年以上前からある灌漑設備だそうです。

 

地下水を水源から数km先にある街や農地まで送りこむために地下の水道溝を作った際に残ったものです。

 

砂漠に穴を掘った跡の残土の山がポツポツと点在しているのです。

 

この水脈は遊牧民も利用していました。

 

この竪穴を見学するのですが、下を見下ろすのは恐る恐るとなります。

 

穴の周りの残土は乾燥した地帯のため固まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

バスにずっと乗車している時の気分転換にはなりました。

 

再びバスに乗車してトドラ渓谷に向かいます。

 

旅行日程表ではこの後トドラ渓谷まで行き観光後にランチとなっていたのですが、今回はトドラ渓谷の手前にある町のレストランでランチとなりました。

 

きっとランチがトドラ渓谷観光後の午後1時30分からでは遅いということから変更になったのだと思います。

 

そのためランチは12時20分頃から頂くことができました。

 

砂漠のホテルの朝食はあまり料理の品数がありませんでしたので食べることができず、お腹も減ってきていましたので良かったと思いました。

 

 

 

 

ランチ後にはトドラ渓谷に向かいます。

 

途中にあるティネリールの町を見下ろす展望台もフォトスポットですからこちらでもバスは停車して写真タイムでした。

 

 

 

 

 

 

眺めはやはり動画で見て頂くのが良いでしょう。

 

 

オアシスという風景はこういった風景と納得させてくれるものでした。

ランチについて

ランチは移動の関係でスケジュール表では午後1時30分からとなっていまして遅い時間のランチ予定だなとおもったのですが、今回からレストランを変えたとのことでチンダッドにあるホテルのムウベルベレオーベルジュのレストランで頂きました。

 

 

 

 

12時20分頃からのランチとなりましたのでお腹が丁度減った時間でのランチです。

 

以前のフレンドツアーは違うレストランでのランチだったそうでしたが、新たに利用することになったレストランとのことでした。

 

同行した方の話ではヨーロッパに支店があるフレンドツアーは実際にスタッフがレストランに行って新たなレストランを開拓しているとのことで、JTBはフレンドツアーで利用するレストランをマネするということを聞いたそうです。

 

このレストランでのランチは私たちのツアー利用だけの利用でゆっくり楽しむことができました。

 

 

 

 

料理の内容は次となっています。

 

ハリラスープ

 

 

ホットサラダ

 

 

トマトと卵のケフタタジン

 

 

 

オレンジ

 

 

 

野菜が新鮮でおいしいモロッコのサラダはとても好きになりました。

 

タジン料理は少し飽きてきましたがこちらのタジンは卵とミートがトマトソースで絶妙な味でおいしくいただくことができました。

 

タジン鍋はフタを乗せて持って来てくれて、目の前で開けてくれるのも好評でした。

 

 

 

こちらは辛味の調味料です。

 

 

フライドポテトもありましたのでお腹は膨れました。

 

こちらにはビールやワインはありませんでした。

 

 

ホテルには猫がたくさんいました。

トドラ渓谷観光

トドラ渓谷に着きますとバスを降りて散策です。

 

断崖絶壁の岩肌を見ながら渓谷を歩きます。

 

 

 

 

 

もちろん観光地ですから土産店があり、お土産の売り込みもしっかりあります。

 

少しだけ動画も撮りました。

 

 

 

トドラ渓谷はロッククライミングが盛んな場所だそうですが、今日はクライマーの姿を見ることはできませんでした。

 

ここはしっかり見なくても良いかなというのが個人的な感想で、長距離移動の際の気分転換スポットでしょうか。

 

ティンジルの町からトドラ渓谷まで行きますが、また同じ道をティネリール(ティンジル)まで戻ってそれからワルザザートに向かいます。

モロッコ バラの産地ムゴナ

モロッコはダマスクローズの世界四大産地のひとつで、今回のツアーではカスバ街道沿いのバラの産地で有名な村のケラア?ムゴナKelaat M'Gounaにあるバラ水(ローズウォーター)や石鹸などのバラを使ったコスメを売るお店に寄りました。

 

お店には次々とツアーのバスが来てお土産を購入する方がお店に入って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらにはトイレがあり無料で利用することができます。

 

こちらのお店でショッピングを楽しんだ後はワルザザートのホテルに向かいます。



サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ