ANAラウンジの食事はほどほどがお勧め

今回の旅行は羽田空港からルフトハンザドイツ航空のフランクフルト行きビジネスクラスを利用しました。

 

チェックインを行い、出国ゲートを通ったのは搭乗の2時間前でしたので、空港内でショッピングをした後にビジネスクラス利用者の特権であるANAのラウンジを利用して昼食を食べました。

 

美味しかったのでカレーや豚骨ラーメンなどをビールやワインと共にしっかり頂きました。

 

そして機内に入りますとウエルカムドリンクのシャンパン。

 

安定高度になりますと食事が出されるのですが、ビジネスクラスですから食事の量もしっかり出されます。

 

もちろん食欲増進のためのドイツビールに始まり、リースリングワインをしっかり頂きましたのでお腹は破裂寸前でした。

 

ビジネスクラスでの食事を楽しみたいのでしたら、ビジネスクラスラウンジでの食事の量は控えめにすることをお勧めします。

 

羽田空港からフランクフルト空港まで

羽田空港からフランクフルト空港まで出される食事は2回となっていました。

 

私達が搭乗した際の羽田出発すぐの昼食は次となっていました。

 

洋食の昼食メニュー

 

オードブル

ローストビーフのサラダ、アスパラガス、しめじ、ホースラディッシュ風味のマスカルポーネ
マグロのマリネ、木の実のクラスト、ピーマン

 

 

野菜とセイボリーの取り合わせ

 

サラダ

フレッシュガーデンサラダドレッシングを添えて

 

主菜

仔牛肉のルーラレード、ホウレン草、マッシュルーム、ポテトのニョッキ、ホウレン草とロブスターのクリームソース

 

グリーンサンド産のオヒョウ、ポテトのニョッキ、ホウレン草とロブスターのクリームソース

 

 

チーズとサラダ

 

 

ゴーダ、フルム・ダンベール、ブリチーズ
トリュフケーキ、ピーカンナッツ
新鮮なフルーツ

 

 

 

和食の昼食メニュー

 

前菜

鱚と魚卵のサラダ、
梅と胡瓜の巻き寿司
焼き穴子の寿司
鯖の寿司
つぶ貝の蒸し煮
野菜のゼリー寄せ
茗荷の酢の物
枝豆

 

 

小鉢

茄子の蒸煮胡麻風味
山椒の葉

 

オリーブそうめん

 

台の物

鶏の蒸し煮、大根おろし添え

 

 

味噌汁碗

お味噌汁

 

香の物
茄子の漬物、山葵、壺漬け

 

チーズとデザート
新鮮なフルーツ

 

 

そしてフランクフルト着陸2時間前には夕食が出されます。

 

洋食メニュー

 

オードブル

エアドライビーフと野菜のグリル、バルサミコオリーブオイルとヒヨコ豆のピュレ

 

主菜

鶏胸肉のマッシュポテト添え、マスタードクリームソース
ピペットリガーテパスタとブロッコリーのクリーミーチーズ焼き

 

デザート

ペニンシュラのマンゴープディング、ココナッツソース添え

 

和食メニュー

 

 

前菜

烏賊のウニ和え、玉子焼き、グリーンアスパラの牛肉巻き、白瓜雷干し、山桃蜜煮

 

台の物

鰻蒲焼玉子餡かけ

 

味噌汁碗

味噌汁

 

香の物

キャベツのお漬物

 

デザート

新鮮な果物

フランクフルトから羽田への便での食事

今回はバルセロナからの乗継便が天候のため遅れてしまったので、フランクフルトに到着したのは搭乗が始まる時間となり、フランクフルトでラウンジを利用することが出来ませんでした。

 

そのため搭乗してすぐのドリンクサービスはとても楽しみだったのですが、出されたシャンパンは気が抜けかけているような状態で、かなり前からグラスに注いであったのではないでしょうか。

 

そのためドリンクサービスの際に再度シャンパンをお願いしました。

 

やっぱりシャンパンの泡はこうでなくちゃ。

 

飲み物はビールをお願いしましたら驚かれました。

 

キャビンアテンダントは朝食というイメージなのかもしれませんが、私にとっては昼食といったイメージでしたので迷わずビールを頂きました。

 

本当は赤ワインも欲しかったのですが、遠慮しておきました。

 

離陸後の食事について

 

洋食メニュー

 

オードブル

マグロの切り身、わかめのサラダ、味噌ソースと胡麻
鴨胸肉の燻製、りんごとセロリのサラダ添え

 

 

コッテージチーズ サンドライトマト、バジル、ハーブオイル、煎り松の実、ルッコラを添えて

 

サラダ

季節のサラダ、わさびドレッシング

 

主菜

子牛のステーキとペッパーソース、サヤ豆、人参、ポテトグラタン

 

 

ディルのソースを添えたサーモンステーキ、ロマネスコとコールラビの煮物、ハーブ入りマッシュポテト

 

チーズとデザート

岩塩チーズ、干草チーズ、羊のクリームチーズ、たまねぎのチャツネ
ホワイトとダークのチョコレートムース、いちごのマリネ添え

 

 

新鮮なフルーツ

 

 

 

和食メニュー

 

 

前菜

サーモン小袖寿司、鉄火巻き、いずみ鯛小袖寿司、蟹磯辺揚げ、桜桃の蜜煮、枝豆真丈、海老芝煮、蛸柔煮

 

小鉢

浅利と水菜のお浸し

 

冷麦、浅葱とわさびを添えて

 

台の物

豚肉の味噌漬け、里芋、いんげん、茄子、人参、椎茸、ご飯

 

吸い物碗

お吸い物、人参

 

香の物

沢庵、きゅうりの漬物

 

 

朝食メニューについて

 

洋食メニュー

 

新鮮なフルーツ

 

パルマハムとアルペンチーズ

 

スクランブルエッグと浅葱、カクテルトマトのスイート&スパイシーコンポート

 

 

ビジネスクラスの座席について

私たちが搭乗したのは羽田空港からのボーイング747-8の機材です。

 

行きが10H、帰りが11Dでした。

 

10Hは寝ている時に隣の方がトイレに行く場合は大変だと思いました。

 

1人で利用の方は中央の席がお勧めですね。

 

またビジネスクラスの最後尾は機内搭乗の際にエコノミークラスの方が横を通りますので少し騒がしいのが難点です。

 

そして料理もチョイスできるのがビジネスクラスの良いところですが、11Dの時には選んだ料理は無いと言われてしまいました。

 

お勧めはの席は5列目、6列目ではないでしょうか。

 

 

ルフトハンザのビジネスクラスのシートはまっすぐ前を見るタイプではなく斜めに設置されているのですが、これが個人的には少し違和感があり、体はまっすぐ前を見たがるようなのです。

 

座席のシートピッチは162.6センチ、座面幅は50.8センチ、シート肩幅は57センチとなりますので余裕があると思うのですが、なぜかフルフラットにしますと腕の部分は狭く感じてしまってあまりくつろぐことが出来ませんでした。

 

 

 

 

 

全長は1.98メートルのフルフラットベッドですからこちらは十分に余裕があるのですが。

 

モニター画面は15インチですがこれはもう少し大きい方が見やすいですね。

 

ノイズキャンセリングヘッドフォンはとても良くて、映画を見る時だけでなく寝ている時もBGMでリラックスできる曲を小さな音で流して利用していました。

 

アメニティキットには耳栓もあったのですが、ノイズキャンセリングヘッドフォンを利用する方が静かに過ごすことができました。

 

もちろんアメニティキットももらえ、耳栓、アイマスクなどフライト中に必要と思われるものは揃っています。

 

また500mlのミネラルウォーターも用意されていますので、寝起きで口が渇いた時にも素早く水を飲むことができました。

 

添乗員の方も言ってみえましたが、プレミアムエコノミーに乗るのであればもう少し奮発してビジネスクラスに乗るべきで、満足度もかなり違うとのことでした。

 

 

 

 





サイト管理
----------------------------

お礼とお願いについて
ヨーロッパ大好き家族によります素人調査隊のサイトに訪問いただき、大変ありがとうございます。
当サイトは素人調査隊がヨーロッパ旅行の際に体験したことや調べたことのサイトとなっています。
そのため記事内容が最新の情報と違っている場合がありますのでご容赦ください。
記事のリンク等に問題がございましたら直ちに削除させていただきますので、大変申し訳御座いませんがご連絡を頂けます様、よろしくお願いいたします。
ヨーロッパ好きtomoちゃん
sutekinatabinotomo@yahoo.co.jp

TOPへ