チェコでの日本の電化製品の使用についてコンセントの形状や電圧などについて教えます

スポンサードリンク

チェコの電圧と変圧器について

中央ヨーロッパ旅行などで訪れるチェコの電圧は230ボルトで周波数は50ヘルツとなっています。

 

そのためチェコへ旅行に行く際には日本の100ボルト対応のドライヤーやヘアアイロンなどの電化製品をそのまま使うことは出来ません。

 

日本の100ボルト対応の電化製品をチェコ旅行で使うのにはまずは230ボルトの電圧100ボルトにするための変圧器の使用が必要です。

 

電圧を100ボルトにしてくれる変圧器も色々な種類がありますが、肝心なことはチェコで使用したい日本の電化製品の消費電力量のワット数に対応した変圧器を用意するということです。

 

たとえばチェコで日本製品の100ボルトで1,200ワットのヘアドライヤーを使いたいのであれば、消費電力量の1,200ワットに対応できる変圧器を用意する必要があるということです。

 

変圧器を購入する際には対応できるワット数を必ず確認しましょう。

 

中央ヨーロッパ旅行ではチェコと共にオーストリア、スロバキア、ハンガリーの5か国を廻る方が多いと思います。

 

これらの国の電圧はチェコとほぼ同じとなっています。

コンセントは日本と違います

チェコ旅行で宿泊するホテルのコンセントプラグの形状は日本と違いCタイプと言われる形状となっています。

 

 

そのため日本のコンセントプラグ形状となっている電気製品を使用するには変換アダプターが必要となります。

 

変換アダプター自体は1個200円程からありますので、チェコ旅行の際には何個か購入しておけばホテルの部屋の何カ所ものコンセントが使える様になりますので便利です。

 

我が家では2台の携帯電話の充電器と2台のカメラの充電器、ヘアアイロンとヘアドライヤーを同時に使用することがありますので、6個の変換アダプターを持って行きます。

 

ヨーロッパ旅行をよくされる方でしたら、変換アダプターの必要個数を調べて、複数個購入して持って行くのがお勧めです。

--- スポンサードリンク ---

海外対応の電化製品を使用しています

チェコ旅行にはヘアドライヤーとヘアアイロンは海外対応の製品を持って行きました。

 

今ではヨーロッパのホテルにはアメニティとしてヘアドライヤーがあるホテルが多いのでドライヤーは必要ない場合があるのですが、たまにホテルのドライヤーは風量が少ないものや、洗面所の壁に固定設置されたタイプが置かれている場合があります。

 

ドライヤーの風量が弱いとただでさえ忙しいホテルでの入浴後に、髪の毛を乾かすのに時間がかかるので大変です。
また、洗面所にドライヤーが設置されていますと同伴者がドライヤー中は入浴出来ないのも不便なのです。

 

そのため我が家では海外対応のヘアドライヤーとヘアアイロンを持って行きました。

 

海外対応のヘアドライヤーとヘアアイロンは製品自体が100ボルトから240ボルト対応となっていますので、変圧器を使用しなくても240ボルトに切替えて使用すれば海外でもまったく問題なく使用できます。

 

ヘアドライヤーは電圧が手動での切り替え式となっていますが、私が持っているヘアアイロンは自動で電圧が切替る便利なものとなっています。

 

ヘアドライヤーは旅行用のため少し小型となっていますが、風量は十分にありますので素早く髪の毛を乾かすことができますのでとても便利です。

 

海外対応の製品であってもコンセントプラグは日本式となっていますので、チェコでの使用にはCタイプへの変換アダプターが必要となります。

 

私が海外旅行で使用しているドライヤーはこちらで、イオンドライヤーとなっています。

 

携帯やスマホの充電について

携帯やスマホ、デジカメなどの充電器は対応電圧が100〜240ボルトまで対応できるユニバーサルタイプとなっている場合が多いので、コンセントプラグだけCタイプの変換アダプターを使用すればチェコでもそのまま使えます。

 

自分の持っている充電器のアダプターの表示がINPUT AC 100V−240V  50−60Hzとか、入力電圧/電流AC 100V−240V  50−60Hzという表示となっていましたら、チェコ旅行ではそのまま使用できます。

 

 

自分の持っている充電器の表示を確認していただければ簡単にわかります。

 

iPhoneなどの充電に利用しますUSBケーブルですが、ホテルの部屋にはUSB端子が無いことが多いので、USBケーブルのみでは充電できないことから充電するには忘れずにACアダプターを持っていくことが必要です。

 

iPhoneのACアダプターは240ボルトまで対応となっていますので、Cタイプの変換アダプターを使用するだけで充電できます。

 

中央ヨーロッパ旅行が家族旅行などで人数が多い場合などで、家族全員のスマホを同時に充電したい時に便利なのは最高出力が大きく急速充電ができる海外対応のUSB−ACアダプターです。

 

USB−ACアダプターはUSBポートが2個以上あるものがありますので、数台のスマホを同時に充電できてしまいます。

 


チェコ旅行の充電の時の工夫

チェコ旅行でスマートフォンやデジカメ、ビデオ、PCなどを多くの充電を一度に充電しなければならない時に便利だったのは、差込口が何個もある日本の延長コードです。

 

ホテルでは充電できるコンセントが何箇所もないこともありますので、どこか一箇所のコンセントにこの複数のプラグ差込口がある延長コードをつなげば、多くの充電器を一度につなぐことができますのでとても便利だったのです。

 

充電器はコンセントに直接差すタイプが多いので、充電器が互いに干渉してしまい、何台も充電器が接続できないことがあるため、干渉しない様に我が家では短い延長コードをも持って行き利用しました。

 

これがあれば一か所のコンセントで延長コードの差込口を使って、同時に4台の充電ができましたのでとても便利でした。

 

 

ただしワット数の多いものは接続できませんので注意してください。

 

また、延長コードは日本の100ボルト用のものですと、使用はあくまでも自己責任となりますのでご注意ください。

ヘアアイロンは海外対応を使用しています

我が家では電圧が240ボルト程のヨーロッパの地域にも海外旅行に行きますので、髪の毛のセットに便利なヘアアイロンも海外対応の製品を使用しています。

 

海外対応のヘアアイロンは100ボルトから240ボルト対応となっていますので、チェコでの使用にはまったく問題がありません。

 

もちろん日本でも使用することができますので、日本国内の旅行でも使用しています。

 


 

起床して朝食までの時間でのヘアーセットもこれがあれば短時間ですることができますので、とても重宝しています。

スポンサードリンク


◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯





チェコでの日本の電化製品の使用についてコンセントの形状や電圧などについて教えます関連エントリー

チェスキークルムロフのベルビューホテル
チェコのチェスキークルムロフで宿泊しました、ホテル ベルビューについて
チェスキークルムロフの撮影ポイント
チェコのチェスキークルムロフは世界でもっとも美しい町のひとつですので、どこもが撮影ポイントなのですが、そのなかでもお薦めのポイントについて
チェスキークルムロフのザ・オールド・イン
阪急トラピックスで、チェスキークルムロフで夕食を食べましたカフェレストラン ザ・オールド・インについて
チェスキークルムロフ観光
チェスキークルムロフを楽しむ、お薦めの観光の仕方について
チェスキークルムロフのズラティアンディル
チェコの世界遺産の古都、チェスキークルムロフのホテルズラティアンディルについて
プラハのイビスプラハマラーストラナ
阪急トラピックスの中央ヨーロッパ旅行で、プラハで宿泊したホテルのイビスプラハマラーストラナの情報です
プラハのツェレトナークリスタル
阪急トラピックスで中央ヨーロッパのチェコ、プラハの市内観光後に行きます免税ショップについて
プラハのウ・メドヴィードクー
阪急トラピックスでチェコのプラハでの夕食で行きましたビアレストランU Medvidku ウ・メドヴィードクーについて
プラハのカレル橋観光について
プラハのカレル橋観光は、とても観光客でにぎやかです
プラハ城の観光のお薦めについて
プラハ城の観光のお薦めの、プラハ城、聖ヴィート大聖堂、旧王宮、黄金小路について
プラハ 旧市街広場の観光について
カレル橋からプラハの旧市街広場に向かい、自由時間で観光をしました
チェコのおみやげのお薦めについて
チェコ旅行のおみやげのお薦めについて